「龍驤 (2代)」の版間の差分

提供: wiki31ja
移動: 案内検索
(艦歴)
(1人の利用者による、間の7版が非表示)
1行: 1行:
[[龍驤 (2代)|龍驤]](りゅうじょう [http://admiral3166.ddo.jp/wiki31/en/index.php/Ryujo_%28Japanese_aircraft_carrier,_1931%29 Ryujo])は、日本の[[軍艦]]([[航空母艦 (日本海軍)|航空母艦]])。[[龍驤級航空母艦 (日本海軍, 1931)|龍驤級航空母艦]]。
+
[[龍驤 (2代)|龍驤]](りゅうじょう [http://admiral31.dip.jp/wiki31/en/index.php/Ryujo_%28Japanese_aircraft_carrier,_1931%29 Ryujo])は、日本の[[軍艦]]([[航空母艦 (日本海軍)|航空母艦]])。[[龍驤級航空母艦 (日本海軍, 1931)|龍驤級航空母艦]]。
  
 
==艦歴==
 
==艦歴==
 
* 昭和8(1933)年5月9日、竣工引き渡し。[[航空母艦 (日本海軍)|航空母艦]]に類別。
 
* 昭和8(1933)年5月9日、竣工引き渡し。[[航空母艦 (日本海軍)|航空母艦]]に類別。
 +
* 昭和10(1935)年9月25日、演習中荒天のため損傷(第四艦隊事件)
 +
*# 羅針艦橋前壁天井及甲板破壊
 +
*# 第一兵員室前壁天井及甲板並に乗組尉官寝室破損
 +
*# 通信長室航海長室変形
 +
*# 前部水面見張塔蓋流失
 +
*# 発着甲板前部屈曲
 +
*# 発着甲板伸縮接手部間隙拡大
 +
*# 艦橋窓ガラス破損
 +
*# 2.5m 測距儀及架台並に12cm双眼鏡流失
 +
*# 空中線切断使用不能
 +
*# 艦橋従羅針儀及磁気羅針儀据付部破損
 +
*# 90式艦上戦闘機下翼補助翼又は尾部毀損
 +
*# 溶接部亀裂破損
 
* 昭和17(1942)年8月24日、第二次ソロモン海戦に参加。ソロモン東方において米艦載機の攻撃により、戦没。
 
* 昭和17(1942)年8月24日、第二次ソロモン海戦に参加。ソロモン東方において米艦載機の攻撃により、戦没。
 
* 昭和17(1942)年11月10日、除籍。
 
* 昭和17(1942)年11月10日、除籍。
8行: 21行:
 
==幹部==
 
==幹部==
 
===龍驤艦長===
 
===龍驤艦長===
{| border="1"
+
{| class="wikitable"
 
!代数!!発令日!!階級!!氏名!!期別!!前職!!後職!!備考
 
!代数!!発令日!!階級!!氏名!!期別!!前職!!後職!!備考
 
|-
 
|-
33行: 46行:
 
|||1940.06.21||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[杉本丑衛]]||[[海軍兵学校第44期生 (日本海軍)|海兵44]]||[[岩国海軍航空隊 (日本海軍)|岩国航空隊]]司令||[[海軍航空技術廠 (日本海軍)|航空技術廠]]飛行実験部長||
 
|||1940.06.21||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[杉本丑衛]]||[[海軍兵学校第44期生 (日本海軍)|海兵44]]||[[岩国海軍航空隊 (日本海軍)|岩国航空隊]]司令||[[海軍航空技術廠 (日本海軍)|航空技術廠]]飛行実験部長||
 
|-
 
|-
|||1942.04.25||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[加藤唯雄]]||[[海軍兵学校第45期生 (日本海軍)|海兵45]]||||||1942.08.24沈没
+
|||1942.04.25||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[加藤唯雄]]||[[海軍兵学校第45期生 (日本海軍)|海兵45]]||[[海軍航空技術廠 (日本海軍)|航空技術廠]]飛行実験部長||[[呉鎮守府 (日本海軍)|呉鎮]]出仕||1942.08.24 沈没
 
|}
 
|}
  
 
===龍驤副長===
 
===龍驤副長===
{| border="1"
+
{| class="wikitable"
 
!代数!!発令日!!階級!!氏名!!期別!!前職!!後職!!備考
 
!代数!!発令日!!階級!!氏名!!期別!!前職!!後職!!備考
 
|-
 
|-
|1||1933.04.01||[[海軍中佐 (日本)|海軍中佐]]||[[吉良俊一]]||海兵40||龍驤艤装員||[[大湊要港部 (日本海軍)|大湊要港部]]附||
+
|1||1933.04.01||[[海軍中佐 (日本)|海軍中佐]]||[[吉良俊一]]||[[海軍兵学校第40期生 (日本海軍)|海兵40]]||龍驤艤装員||[[大湊要港部 (日本海軍)|大湊要港部]]附||
 
|-
 
|-
|2||1933.08.25||[[海軍中佐 (日本)|海軍中佐]]||[[竹中龍造]]||海兵39||[[大村海軍航空隊 (日本海軍)|大村航空隊]]副長||[[横須賀鎮守府 (日本海軍)|横須賀鎮守府]]出仕||
+
|2||1933.08.25||[[海軍中佐 (日本)|海軍中佐]]||[[竹中龍造]]||[[海軍兵学校第39期生 (日本海軍)|海兵39]]||[[大村海軍航空隊 (日本海軍)|大村航空隊]]副長||[[横須賀鎮守府 (日本海軍)|横須賀鎮守府]]出仕||
 
|-
 
|-
 
|||1934.11.01
 
|||1934.11.01
 +
|-
 +
|||1936.12.01||[[海軍中佐 (日本)|海軍中佐]]||[[古川保]]||[[海軍兵学校第43期生 (日本海軍)|海兵43]]||[[佐伯海軍航空隊 (日本海軍)|佐伯空]]副長||[[霞ヶ浦海軍航空隊 (日本海軍)|霞ヶ浦空]]教官||
 +
|-
 +
|||1937.12.01
 
|}
 
|}
  
==see also==
+
==参照==
 
* [[龍驤 (初代)]]
 
* [[龍驤 (初代)]]
  
63行: 80行:
 
[[Category:航空母艦]]
 
[[Category:航空母艦]]
 
[[Category:日本の航空母艦]]
 
[[Category:日本の航空母艦]]
[[Category:launched 1931]]
+
[[Category:1931年進水]]

2020年6月30日 (火) 17:13時点における版

龍驤(りゅうじょう Ryujo)は、日本の軍艦航空母艦)。龍驤級航空母艦

艦歴

  • 昭和8(1933)年5月9日、竣工引き渡し。航空母艦に類別。
  • 昭和10(1935)年9月25日、演習中荒天のため損傷(第四艦隊事件)
    1. 羅針艦橋前壁天井及甲板破壊
    2. 第一兵員室前壁天井及甲板並に乗組尉官寝室破損
    3. 通信長室航海長室変形
    4. 前部水面見張塔蓋流失
    5. 発着甲板前部屈曲
    6. 発着甲板伸縮接手部間隙拡大
    7. 艦橋窓ガラス破損
    8. 2.5m 測距儀及架台並に12cm双眼鏡流失
    9. 空中線切断使用不能
    10. 艦橋従羅針儀及磁気羅針儀据付部破損
    11. 90式艦上戦闘機下翼補助翼又は尾部毀損
    12. 溶接部亀裂破損
  • 昭和17(1942)年8月24日、第二次ソロモン海戦に参加。ソロモン東方において米艦載機の攻撃により、戦没。
  • 昭和17(1942)年11月10日、除籍。

幹部

龍驤艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1931.04.02 海軍大佐 原五郎 海兵35 艤装員長
1931.12.01 海軍大佐 松永寿雄 海兵37 霞ヶ浦空副長兼教頭 龍驤艦長 艤装員長
1 1933.04.01 海軍大佐 松永寿雄 海兵37 龍驤艤装員長 呉鎮守府
1933.10.20 海軍大佐 桑原虎雄 海兵37 能登呂特務艦長 軍令部出仕
1934.11.15 海軍大佐 大野一郎 海兵38 大村航空隊司令 呉鎮守府
1935.10.31 海軍大佐 吉良俊一 海兵40 大湊航空隊司令 軍令部出仕
1936.11.16 海軍大佐 阿部勝雄 海兵40 多摩艦長 加賀艦長
1937.12.01 海軍大佐 岡田次作 海兵42
1938.12.15 海軍大佐 上阪香苗 海兵43
1939.11.15 海軍大佐 長谷川喜一 海兵42
1940.06.21 海軍大佐 杉本丑衛 海兵44 岩国航空隊司令 航空技術廠飛行実験部長
1942.04.25 海軍大佐 加藤唯雄 海兵45 航空技術廠飛行実験部長 呉鎮出仕 1942.08.24 沈没

龍驤副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1933.04.01 海軍中佐 吉良俊一 海兵40 龍驤艤装員 大湊要港部
2 1933.08.25 海軍中佐 竹中龍造 海兵39 大村航空隊副長 横須賀鎮守府出仕
1934.11.01
1936.12.01 海軍中佐 古川保 海兵43 佐伯空副長 霞ヶ浦空教官
1937.12.01

参照