陸軍習志野学校 (日本陸軍)

提供: wiki31ja
2014年8月22日 (金) 16:47時点におけるAdmiral31 (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

陸軍習志野学校(りくぐんならしのがっこう)

沿革

  • 昭和8(1933)年8月1日、千葉県習志野に陸軍習志野学校を設置。「軍事科学及迫撃の研究、調査及教育」を目的とするとされたが、実態は毒ガスの研究、教育であった。
  • 昭和20(1945)年8月27日、閉校。

幹部

陸軍習志野学校長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1933.08.01 陸軍少将 中島今朝吾 陸士15 舞鶴要塞司令官 憲兵司令官 1936.03.07陸軍中将
1936.03.23 谷口元治郎 陸士16
1937.12.01 鈴木重康 陸士17
1938.12.10 陸軍少将 西原貫治 陸士23 陸軍習志野学校幹事 第二三師団
1941.03.01 青木重誠 陸士25
1941.11.13
1941.12.01 白銀義方 陸士27
1944.02.07 小池龍二 陸士31
1945.02.20 山崎武四 陸士27

陸軍習志野学校幹事

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1933.08.01 陸軍歩兵大佐 今村均 陸士19 歩兵第五七聯隊 歩兵第四〇旅団
1935.03.15 陸軍歩兵大佐 西原貫治 陸士23 陸軍歩兵学校研究主事 歩兵第三一聯隊
1936.08.01
1938.07.15 陸軍少将 西原貫治 陸士23 第八師団参謀長 陸軍習志野学校長
1938.12.10

see also