近衛師団 (日本陸軍)

提供: wiki31ja
2015年1月28日 (水) 05:16時点におけるAdmiral31 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

近衛師団(このえしだん)、兵団

概要

衛戍地

沿革

  • 明治24(1891)年12月24日、近衛兵を近衛師団に改編。
  • 明治28(1895)年4月 - 12月、台湾出征。
  • 明治37(1904)年2月 - 明治38(1905)年12月、日露戦争出征。

隷下部隊

西南戦争前後の隷下部隊

明治24年師団編成時の隷下部隊

明治29年改定時の隷下部隊

明治40年改定時の隷下部隊

大正14年改定時の隷下部隊

満州事変直前時の隷下部隊

幹部

近衛都督

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1872.03.09 陸軍中将 山縣有朋 陸軍大輔専任 陸軍大輔専任
2 1872.07.20 陸軍元帥 西郷隆盛 参議 辞職 1873.05.10陸軍大将
1873.10.24欠員
3 1874.02.08 陸軍中将 山縣有朋 陸軍卿 参議陸軍卿専任
4 1877.11.26 陸軍中将 西郷従道 陸軍大輔 参議文部卿
5 1878.05.01 陸軍中将 山縣有朋 参議陸軍卿専任 参謀本部長専任
6 1879.10.15 陸軍中将 鳥尾小弥太 参謀本部御用掛 参議
7 1880.03.01 陸軍中将 嘉彰親王 欧州差遣 1882.12.07彰仁親王改名
8 1886.09.28 陸軍大将 熾仁親王 参謀本部長専任 参謀本部長専任
9 1887.12.05 陸軍中将 彰仁親王 近衛師団長 1890.06.07陸軍大将
1891.12.24改編

近衛副都督

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1872.03.09 陸軍少将 西郷従道 陸軍少輔専任 陸軍少輔専任 1872.08.09廃止

近衛参謀長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1874.01.15 陸軍大佐 野津道貫 陸軍省第二局長 心得
1878.11.20
1883.05.21 陸軍歩兵大佐 岡沢精 西部監軍部参謀 歩兵第八旅団
1885.05.21
1886.05.27 陸軍歩兵大佐 山口素臣 東京鎮台参謀長 歩兵第一〇旅団長心得 1889.08.17欠員
1889.09.11 陸軍歩兵大佐 立見尚文 第三師団参謀長 近衛師団参謀長 1889.12.14改編

近衛参謀副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1878.08.28 児玉源太郎 熊本鎮台参謀 歩兵第二聯隊
1880.05.07

近衛師団長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1891.12.14 陸軍大将 彰仁親王 近衛都督 参謀総長
2 1895.01.28 陸軍中将 能久親王 第四師団 戦病死 1895.10.28戦病死
3 1895.11.09 陸軍大将 野津道貫 東京防禦総督
4 1896.05.10 陸軍中将 佐久間左馬太 中部都督
5 1896.10.14 陸軍中将 黒木為楨 第六師団 西部都督
6 1897.10.27 陸軍中将 奥保鞏 第一師団 東京防禦総督
7 1898.01.14 陸軍中将 長谷川好道 第三師団 韓国駐剳軍司令官 1904.06.06陸軍大将
8 1904.09.08 陸軍中将 浅田信興 近衛歩兵第一旅団 第一二師団
9 1906.07.06 陸軍大将 大島久直 第九師団 教育総監
10 1908.12.21 陸軍中将 上田有沢 第七師団 朝鮮駐剳軍司令官
11 1911.09.06 陸軍中将 載仁親王 第一師団 軍事参議官
12 1912.11.27 陸軍中将 山根武亮 陸士生徒1 第一二師団 後備役
13 1915.02.15 陸軍中将 秋山好古 陸士生徒3 第一三師団 朝鮮駐剳軍司令官
14 1916.08.18 陸軍中将 仁田原重行 陸士生徒6 第四師団 東京衛戍総督
15 1917.08.06 陸軍中将 由比光衛 陸士生徒5 第一五師団 浦塩派遣軍参謀長
16 1918.08.09 陸軍中将 邦彦王 陸士7 第一五師団 軍事参議官
17 1919.11.25 陸軍中将 藤井幸鎚 陸士生徒8 第七師団 待命
18 1922.02.08 陸軍中将 中島正武 陸士1 第二師団 待命
19 1923.08.06 陸軍中将 森岡守成 陸士2 第一二師団 軍事参議官
20 1925.05.01 陸軍中将 田中国重 陸士4 第一五師団 台湾軍司令官
21 1926.07.28 陸軍中将 津野一輔 陸士5 陸軍次官 死去 1928.02.24死去
22 1928.02.28 陸軍中将 長谷川直敏 陸士6 第一〇師団 東京警備司令官
23 1929.08.01 陸軍中将 林銑十郎 陸士8 教育総監部本部長 朝鮮軍司令官
24 1930.12.22 陸軍中将 岡本連一郎 陸士9 参謀次長 待命
25 1932.02.29 陸軍中将 鎌田弥彦 陸士10 台湾守備隊司令官 待命
26 1933.08.01 陸軍中将 鳩彦王 陸士20 歩兵第一旅団 軍事参議官
27 1935.12.02 陸軍中将 橋本虎之助 陸士14 参謀本部 待命
28 1936.03.23 陸軍中将 香月清司 陸士14 第一二師団 教育総監部本部長
29 1937.03.01 陸軍中将 西尾寿造 陸士14 参謀次長 第二軍司令官
30 1937.08.26 陸軍中将 飯田貞固 陸士17 騎兵監 第一二軍司令官
31 1939.09.12 陸軍中将 飯田祥二郎 陸士20 台湾混成旅団 第二五軍司令官
32 1941.06.28 陸軍中将 西村琢磨 陸士22 独立混成第二一旅団 兵器本部
33 1942.04.20 陸軍中将 武藤章 陸士25 陸軍省軍務局長 近衛第二師団 1943.06.10改編

近衛師団参謀長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1889.12.14 陸軍歩兵大佐 立見尚文 近衛参謀長 歩兵第一〇旅団
2 1894.06.18 陸軍工兵大佐 鮫島重雄 中部都督部参謀長
3 1896.10.16 陸軍歩兵大佐 松村務本 第六師団参謀長 台湾守備混成第二旅団 1897.09.28欠員
4 1897.10.11 陸軍歩兵大佐 大谷喜久蔵 陸士生徒2 第四師団参謀長 教育総監部本部長
1898.03.03
1909.11.30 陸軍歩兵大佐 藤井幸鎚 陸士生徒8 歩兵第三聯隊 歩兵第七旅団
1912.04.12
1922.01.10 陸軍歩兵大佐 寺内寿一 陸士11 近衛歩兵第三聯隊 歩兵第一九旅団
1924.02.04
1935.03.05 陸軍砲兵大佐 沢田茂 陸士18 陸軍大学校教官兼研究主事 野戦重砲兵第一旅団
1935.03.15
1936.08.01 陸軍歩兵大佐 小林浅三郎 陸士24 歩兵学校研究主事 第一二軍参謀長
1937.11.01 陸軍歩兵大佐 麦倉俊三郎 陸士24 関東軍 第三二歩兵団 1939.03.09陸軍少将
1939.03.25

留守近衛師団長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1894.08.30 陸軍中将 野崎貞澄 休職 留守第一師団
1894.09.06
1904.02.05 陸軍中将 乃木希典 予備役 第三軍司令官
1904.05.02
1904.06.06 陸軍中将 伊瀬知好成 休職 休職
1906.05.14
1940.06.03 陸軍中将 酒井隆 陸士20 参謀本部 第二三軍司令官
1941.11.06 田尻利雄 陸士23
1941.12.01
1941.12.24 陸軍中将 豊島房太郎 陸士22 第三師団 近衛第一師団 1943.06.10改編

see also