虻田郡

提供: wiki31ja
2019年1月22日 (火) 13:24時点におけるAdmiral31 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

虻田郡(あぶた・ぐん)は、北海道胆振国)の郡。

所属町村

沿革

  • 明治2年8月15日、胆振国設置にともない新設。
  • 明治15(1882)年2月8日、札幌県に編入。
  • 明治19(1886)年1月26日、札幌県廃止。北海道庁編入。
  • 明治32(1899)年5月20日、倶知安町が室蘭支庁から岩内支庁に移管。
  • 明治35(1902)年4月1日、北海道二級町村制施行、弁辺村虻田村を設置。
  • 明治39(1906)年4月1日、北海道二級町村制施行、狩太村真狩村倶知安村を設置。
  • 明治43(1910)年3月1日、境界変更、倶知安村の一部が狩太村に編入される。
  • 明治43(1910)年4月5日、倶知安村の一部が分立、東倶知安村を新設。
  • 大正5(1916)年4月1日、倶知安村が町制施行、倶知安町と呼称。
  • 大正6(1917)年4月1日、真狩村の一部が分立、喜茂別村を新設。
  • 大正7(1918)年7月10日、境界変更、弁辺村の一部が山越郡長万部村に編入される。
  • 大正9(1920)年6月1日、虻田村の一部が分立、洞爺村を新設。
  • 大正11(1922)年4月1日、真狩村の一部が分立、真狩別村を新設。
  • 大正12(1923)年8月20日、境界変更、有珠郡壮瞥村の一部を洞爺村に編入。
  • 大正14(1925)年2月1日、真狩別村が留寿都村と改称。
  • 大正14(1925)年4月1日、境界変更、弁辺村の一部が狩太村に編入される。
  • 昭和7(1932)年6月1日、弁辺村が豊浦村と改称。
  • 昭和13(1938)年10月1日、虻田村が町制施行、虻田町と呼称。
  • 昭和15(1940)年4月1日、東倶知安村が京極村と改称。
  • 昭和16(1941)年12月1日、真狩別村が真狩村と改称。
  • 昭和22(1947)年7月1日、豊浦村が町制施行、豊浦町と呼称。
  • 昭和25(1950)年9月1日、狩太村が町制施行、狩太町と呼称。
  • 昭和27(1952)年7月1日、喜茂別村が町制施行、喜茂別町と呼称。
  • 昭和37(1962)年5月1日、京極村が町制施行、京極町と呼称。
  • 昭和39(1964)年10月1日、狩太町がニセコ町と改称。
  • 平成18(2006)年3月27日、虻田町・洞爺村が合併、洞爺湖町を新設。