「第七戦隊 (日本海軍)」の版間の差分

提供: wiki31ja
移動: 案内検索
(第七戦隊司令官)
(1人の利用者による、間の1版が非表示)
33行: 33行:
 
|||1940.11.01||[[海軍少将 (日本)|海軍少将]]||[[栗田健男]]||[[海軍兵学校第38期生 (日本海軍)|海兵38]]||[[第四水雷戦隊 (日本海軍)|第四水雷戦隊]]司令官||[[聯合艦隊 (日本海軍)|聯合艦隊]]司令部附||1942.05.01[[海軍中将 (日本)|海軍中将]]
 
|||1940.11.01||[[海軍少将 (日本)|海軍少将]]||[[栗田健男]]||[[海軍兵学校第38期生 (日本海軍)|海兵38]]||[[第四水雷戦隊 (日本海軍)|第四水雷戦隊]]司令官||[[聯合艦隊 (日本海軍)|聯合艦隊]]司令部附||1942.05.01[[海軍中将 (日本)|海軍中将]]
 
|-
 
|-
|||1942.06.25||[[海軍少将 (日本)|海軍少将]]||[[西村祥治]]||[[海軍兵学校第39期生 (日本海軍)|海兵39]]
+
|||1942.06.25||[[海軍少将 (日本)|海軍少将]]||[[西村祥治]]||[[海軍兵学校第39期生 (日本海軍)|海兵39]]||[[聯合艦隊 (日本海軍)|聯合艦隊]]司附||[[軍令部 (日本海軍)|軍令部]]出仕||
 
|-
 
|-
 
|||1944.03.25||[[海軍少将 (日本)|海軍少将]]||[[白石万隆]]||[[海軍兵学校第42期生 (日本海軍)|海兵42]]||[[第二艦隊 (日本海軍)|第二艦隊]]司令部附||[[軍令部 (日本海軍)|軍令部]]出仕||1944.10.15[[海軍中将 (日本)|海軍中将]]<br>1944.11.21解隊
 
|||1944.03.25||[[海軍少将 (日本)|海軍少将]]||[[白石万隆]]||[[海軍兵学校第42期生 (日本海軍)|海兵42]]||[[第二艦隊 (日本海軍)|第二艦隊]]司令部附||[[軍令部 (日本海軍)|軍令部]]出仕||1944.10.15[[海軍中将 (日本)|海軍中将]]<br>1944.11.21解隊
44行: 44行:
 
[[Category:日本海軍の組織]]
 
[[Category:日本海軍の組織]]
 
[[Category:日本海軍の部隊]]
 
[[Category:日本海軍の部隊]]
 +
[[Category:戦隊(日本海軍)|7]]

2020年5月14日 (木) 10:18時点における版

第七戦隊(だいななせんたい 7th Squadron

幹部

第七戦隊司令官

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1903.12.28 海軍少将 細谷資氏 海兵5
2 1905.01.31 海軍少将 山田彦八 海兵5 第五戦隊司令官 第一艦隊司令官 1905.12.20 解隊
1917.12.15 海軍少将 山岡豊一 海兵17 海軍軍令部出仕 遣支艦隊司令官
1918.08.10
1933.05.20 海軍少将 鈴木義一 海兵32 第三戦隊司令官 佐鎮
1933.11.15 海軍少将 浜田吉治郎 海兵33 横須賀鎮守府参謀長 旅順要港部司令官
1934.11.15
1935.11.15 海軍少将 古賀峯一 海兵34 軍令部第二部長 練習艦隊司令官
1936.12.01
1937.12.01 海軍少将 沢本頼雄 海兵36 艦政本部総務部長 軍令部出仕 1938.11.15海軍中将
1938.12.15 海軍少将 清水光美 海兵36 海軍省人事局長 第六戦隊司令官
1939.05.20
1939.11.15 海軍少将 三川軍一 海兵38 軍令部第二部長 第五戦隊司令官
1940.11.01 海軍少将 栗田健男 海兵38 第四水雷戦隊司令官 聯合艦隊司令部附 1942.05.01海軍中将
1942.06.25 海軍少将 西村祥治 海兵39 聯合艦隊司附 軍令部出仕
1944.03.25 海軍少将 白石万隆 海兵42 第二艦隊司令部附 軍令部出仕 1944.10.15海軍中将
1944.11.21解隊