「海軍機関総監 (日本)」の版間の差分

提供: wiki31ja
移動: 案内検索
(沿革)
(参照)
48行: 48行:
 
!colspan="3"|日本海軍の階級
 
!colspan="3"|日本海軍の階級
 
|-
 
|-
|style="width:30%;text-align:center;"|<div style="font-size:90%;">[[海軍機関大監 (日本)|海軍機関大監]]</div>||style="width:40%;text-align:center;"|[[海軍機関総監 (日本)|海軍機関総監]]<br>1882.06.17 - 1886.07.12||style="width:30%;text-align:center;"|<div style="font-size:90%;">設定なし</div>
+
|style="width:30%;text-align:center;"|<div style="font-size:90%;">[[海軍機関大監 (日本)|海軍機関大監]]</div>||style="width:40%;text-align:center;"|[[海軍機関総監 (日本)|海軍機関総監]]<br>1882.06.17 - 1886.07.12||style="width:30%;text-align:center;"|<div style="font-size:75%;">-</div>
 
|-
 
|-
|style="width:30%;text-align:center;"|<div style="font-size:90%;">[[海軍機関大監 (日本)|海軍機関大監]]</div>||style="width:40%;text-align:center;"|[[海軍機関総監 (日本)|海軍機関総監]]<br>1896.04.01 - 1906.01.26||style="width:30%;text-align:center;"|<div style="font-size:90%;">設定なし</div>
+
|style="width:30%;text-align:center;"|<div style="font-size:90%;">[[海軍機関大監 (日本)|海軍機関大監]]</div>||style="width:40%;text-align:center;"|[[海軍機関総監 (日本)|海軍機関総監]]<br>1896.04.01 - 1906.01.26||style="width:30%;text-align:center;"|<div style="font-size:75%;">-</div>
 
|}
 
|}
 
</center>
 
</center>

2021年2月3日 (水) 10:57時点における版

海軍機関総監(かいぐんきかんそうかん Engineer General)は、日本の海軍の階級。勅任官一等または二等(高等官一等または二等)。

沿革

  • 明治5年10月13日(1872年11月13日)、乗組文官たる機関官の階級を定める。当時の最高官は海軍機関大監で中佐相当。
  • 明治9(1876)年8月31日、機関官の最高官を一階進め大佐相当とする。
  • 明治15(1882)年6月17日、機関官を武官とする。少将相当の海軍機関総監を置く。准将校機関官勅任三等。
  • 明治19(1886)年4月29日、官等改定。陸海軍大将を親任官とし中将を高等官一等(勅任官一等)、少将を高等官二等(勅任官二等)、大佐を高等官三等(奏任官一等)とし以下少尉の高等官八等(奏任官六等)にいたる。准将校機関官高等官二等(勅任官二等)。
  • 明治19(1886)年7月12日、機関官を廃し将校相当官機技部を置く。海軍機技総監と改称。
  • 明治29(1896)年4月1日、機技部を機関官・造船官・造兵官・水路官に分ける。再び海軍機関総監を置く。将校相当官機関官高等官二等(勅任官二等)。
  • 明治32(1899)年1月31日、高等官一等または二等(勅任一等または二等)とする。
  • 明治39(1906)年1月26日、階級呼称を改定。海軍機関総監のうち勅任一等を海軍機関中将、同じく勅任二等を海軍機関少将と改称。
  • 大正4(1915)年12月15日、将校相当官機関官を機関将校とする。
  • 大正9(1920)年4月1日、将校に機関将校をあわせ、それぞれ将校のうち兵科および機関科とする。将校機関科勅任二等(高等官二等)。
  • 大正13(1924)年12月20日、海軍機関少将をあわせて海軍少将と呼称。将校兵科・機関科勅任二等(高等官二等)。
  • 昭和17(1942)年11月1日、将校の兵科・機関科を合して単一の将校とする。将校勅任二等(高等官二等)。
  • 昭和21(1946)年6月15日、海軍武官分限令などを廃止。ただし未復員者に対しては復員まで効力を有する。

一覧

代数 発令日 氏名 期別 勅任一等 記事
1 1882.12.27 肥田浜五郎 1886.07.12海軍機技総監に転官
2 1896.04.01 渡辺忻三 1896.07.23海軍機技総監より転官。1906.01.26海軍機関少将に転官
3 1897.12.28 湯地定監 1904.02.01 1906.01.26海軍機関中将、1924.12.20海軍中将に転官
4 1898.05.16 谷木義為
5 1900.05.22 宮原次郎 1906.01.26海軍機関少将に転官
6 1900.05.22 吉田貞一 1906.01.26海軍機関少将に転官
7 1901.07.05 重久篤行 1906.01.26海軍機関少将、1924.12.20海軍少将に転官
8 1902.05.28 原実員 1906.01.26海軍機関少将に転官
9 1904.09.01 山本安次郎 1906.01.26海軍機関少将に転官
10 1905.11.02 深見鐘三郎 1906.01.26海軍機関少将に転官
11 1905.11.02 山本直徳 1906.01.26海軍機関少将、1924.12.20海軍少将に転官

参照

日本海軍の階級
海軍機関総監
1882.06.17 - 1886.07.12
-
海軍機関総監
1896.04.01 - 1906.01.26
-