「海軍機関士副 (日本)」の版間の差分

提供: wiki31ja
移動: 案内検索
(参照)
(沿革)
6行: 6行:
 
* 明治9(1876)年8月31日、[[海軍機関大監 (日本)|海軍機関大監]]の官等を一階進め大佐相当とし、[[海軍機関中監 (日本)|海軍機関中監]]を置く。少尉補相当の[[海軍機関士副 (日本)|海軍機関士副]]を置き[[海軍機関士補 (日本)|海軍機関士補]]を一等下士とする。
 
* 明治9(1876)年8月31日、[[海軍機関大監 (日本)|海軍機関大監]]の官等を一階進め大佐相当とし、[[海軍機関中監 (日本)|海軍機関中監]]を置く。少尉補相当の[[海軍機関士副 (日本)|海軍機関士副]]を置き[[海軍機関士補 (日本)|海軍機関士補]]を一等下士とする。
 
* 明治11(1878)年11月20日、機関官準士官とする。
 
* 明治11(1878)年11月20日、機関官準士官とする。
* 明治15(1882)年6月17日、機関官を武官とする。少将相当の[[海軍機関総監 (日本)|海軍機関総監]]を置く。[[海軍機関士副 (日本)|海軍機関士副]]を[[海軍機関士補 (日本)|海軍機関士補]]と改める。準士官たる[[海軍機関士副 (日本)|海軍機関士副]]を[[海軍機関工上長 (日本)|海軍機関工上長]]と改称。一等下士たる[[海軍機関士補 (日本)|海軍機関士補]]を[[海軍機関工長 (日本)|海軍機関工長]]と改称。
+
* 明治15(1882)年6月7日、機関官を武官とする。少将相当の[[海軍機関総監 (日本)|海軍機関総監]]を置く。[[海軍機関士副 (日本)|海軍機関士副]]を[[海軍機関士補 (日本)|海軍機関士補]]と改める。準士官たる[[海軍機関士副 (日本)|海軍機関士副]]を[[海軍機関工上長 (日本)|海軍機関工上長]]と改称。一等下士たる[[海軍機関士補 (日本)|海軍機関士補]]を[[海軍機関工長 (日本)|海軍機関工長]]と改称。
 
* 明治19(1886)年7月12日、機関官を廃し将校相当官機技部を置く。[[海軍機関総監 (日本)|海軍機関総監]]を[[海軍機技総監 (日本)|海軍機技総監]]と改称。[[海軍機関士補 (日本)|海軍機関士補]]を廃止。
 
* 明治19(1886)年7月12日、機関官を廃し将校相当官機技部を置く。[[海軍機関総監 (日本)|海軍機関総監]]を[[海軍機技総監 (日本)|海軍機技総監]]と改称。[[海軍機関士補 (日本)|海軍機関士補]]を廃止。
 
* 明治19(1886)年10月2日、[[海軍少機関士候補生 (日本)|海軍少機関士候補生]]を新設。
 
* 明治19(1886)年10月2日、[[海軍少機関士候補生 (日本)|海軍少機関士候補生]]を新設。
 
* 明治29(1896)年4月1日、機技部を機関官・造船官・造兵官・水路官に分ける。再び[[海軍機関総監 (日本)|海軍機関総監]]を置く。
 
* 明治29(1896)年4月1日、機技部を機関官・造船官・造兵官・水路官に分ける。再び[[海軍機関総監 (日本)|海軍機関総監]]を置く。
* 明治30(1897)年9月16日、[[海軍中機関士 (日本)|海軍中機関士]]を再設置。
+
* 明治30(1897)年12月1日、[[海軍中機関士 (日本)|海軍中機関士]]を再設置。
 
* 明治39(1906)年1月26日、階級呼称を改定。[[海軍少機関士候補生 (日本)|海軍少機関士候補生]]を[[海軍機関少尉候補生 (日本)|海軍機関少尉候補生]]と改称。
 
* 明治39(1906)年1月26日、階級呼称を改定。[[海軍少機関士候補生 (日本)|海軍少機関士候補生]]を[[海軍機関少尉候補生 (日本)|海軍機関少尉候補生]]と改称。
 
* 大正4(1915)年12月15日、将校相当官機関官を機関将校とする。
 
* 大正4(1915)年12月15日、将校相当官機関官を機関将校とする。

2021年2月5日 (金) 03:49時点における版

海軍機関士副(かいぐんきかんしふく Engineer Assistant Officer)は、日本の海軍の階級。ただし厳密には官名としての階級ではなく海軍部内かぎりの呼称。

沿革

参照

日本海軍の階級
海軍機関士副
1872.08.25 - 1876.08.31
-
海軍機関士副
1876.08.31 - 1882.06.17