横須賀海軍航空隊 (日本海軍)

提供: wiki31ja
2019年2月16日 (土) 04:10時点におけるAdmiral31 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

横須賀海軍航空隊(よこすかかいぐんこうくうたい Yokosuka Naval Air Unit

沿革

  • 大正5(1916)年4月1日、新編。

幹部

横須賀海軍航空隊司令

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1916.04.01 海軍大佐 山内四郎 海兵21
2 1917.12.01 海軍大佐 原田正作 海兵24
3 1919.07.01 海軍少将 吉田清風 海兵18
4 1919.12.01 海軍少将 山内四郎 海兵21
5 1920.11.12 海軍大佐 田尻唯二 海兵23
6 1922.11.01 海軍大佐 古川四郎 海兵27
7 1923.12.01 海軍大佐 井上四郎 海兵31
8 1924.12.01 海軍大佐 市川大治郎 海兵33
9 1927.11.01 海軍少将 和田秀穂 海兵34
10 1929.11.30 海軍大佐 原五郎 海兵35
11 1931.04.02 海軍大佐 山田忠治 海兵33 横須賀鎮守府 横須賀鎮守府
12 1932.11.15 海軍大佐 大西次郎 海兵34
13 1934.11.15 海軍大佐 杉山俊亮 海兵35
14 1936.12.01 海軍大佐 三並貞三 海兵37 加賀艦長 第二聯合航空隊司令官
15 1937.12.15 海軍大佐 桑原虎雄 海兵37 航空廠飛行実験部長 第二聯合航空隊司令官
16 1938.12.15 海軍少将 戸塚道太郎 海兵38 第一聯合航空隊司令官 第二航空戦隊司令官 1939.10.20欠員
17 1940.01.15 海軍少将 桑原虎雄 海兵37 第一聯合航空隊司令官 第一一聯合航空隊司令官
18 1940.11.15 海軍大佐 上野敬三 海兵41 大分航空隊司令 第二五航空戦隊司令官 1941.10.15海軍少将
19 1942.11.23 海軍少将 草鹿龍之介 海兵41 第三艦隊参謀長 南東方面艦隊司令部附
20 1943.12.07 海軍少将 山田定義 海兵42 第三艦隊参謀長 第五一航空戦隊司令官
21 1944.03.15 海軍中将 吉良俊一 海兵40 第五一航空戦隊司令官 第三航空艦隊司令長官 司令官
22 1944.07.10 海軍少将 服部勝二 海兵44
23 1944.09.29 海軍大佐 加藤唯雄 海兵45 横須賀航空隊附 沖縄方面根拠地隊参謀長 1944.10.15 海軍少将
24 1945.03.20 海軍少将 松田千秋 海兵44 航本出仕 予備役 終戦により解隊

横須賀海軍航空隊副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1921.02.05 海軍中佐 秋山虎六 海兵33 横須賀航空隊附 臨時航空術講習部員
1921.04.06
1928.12.10 海軍中佐 桑原虎雄 海兵37 航空本部技術部員 加賀副長
1929.11.01
1930.11.01 海軍中佐 桑原虎雄 海兵37 加賀副長 能登呂特務艦長
1932.12.01
1934.11.15 海軍大佐 大西瀧治郎 海兵40 佐世保航空隊司令 航空本部教育部長
1936.04.01 海軍大佐 大野一郎 海兵38 蒼龍艤装員長 舞鶴要港部参謀長
1936.11.16 海軍大佐 酒巻宗孝 海兵41 鳳翔艦長 鹿屋航空隊司令
1937.11.15 海軍大佐 今村脩 海兵40 第一二航空隊司令 鈴鹿航空隊司令
1939.11.15
1941.04.17 海軍大佐 有馬正文 海兵43 横浜航空隊司令 横須賀鎮守府
1942.05.10