東宮武官府 (日本)

提供: wiki31ja
2019年4月26日 (金) 04:57時点におけるAdmiral31 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

東宮武官府(とうぐうぶかんふ Aide-de-camp to the Crown Prince

幹部

東宮武官長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1891.06.13 陸軍少将 奥保鞏 近衛歩兵第一旅団 近衛歩兵第二旅団
1893.11.10 陸軍中将 黒川通軌 第四師団 休職 1897.10.21欠員
1897.11.21 黒田久孝
1901.02.09 村木雅美 陸士生徒2
1912.12.17 山根一貫 陸士2
1917.09.25 小川賢之助 陸士4
1920.07.16 陸軍中将 奈良武次 陸士生徒11 参謀本部 侍従武官長専任 1924.08.20陸軍大将
1926.12.25廃止

東宮武官(陸軍)

代数 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1887.10.25 1889.03.28 山本清堅
1887.10.25 1889.11.05 香曽我部順 陸士生徒5
1889.11.05 1891.12.19 岡崎生三
1889.11.05 1891.11.07 渋谷在明
1889.11.05 1898.10.01 鷹司煕通 陸士生徒2
1889.11.05 1891.01.24 長瀬良行
1891.01.24 1895.11.13 橘周太 陸士生徒9
1894.12.25 1896.04.01 陸軍歩兵大佐 中村覚 侍従武官専任
1925.12.02 1926.12.25 陸軍騎兵大佐 蓮沼蕃 陸士15 騎兵第九聯隊 侍従武官専任

東宮武官(海軍)

代数 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1898.06.01 1901.07.06 海軍中佐 武富邦鼎 赤城艦長 磐手艦長 1898.10.01 海軍大佐
1898.06.01 1900.09.15 海軍大尉 山路一善 海兵17 橋立水雷長兼分隊長 イギリス留学
1900.09.15 1903.07.07 平賀徳太郎 海兵18
1901.07.06 1903.12.28 中村静嘉 海兵7
1904.02.03 1907.12.18 黒水公三郎 海兵8
1906.02.24 1909.02.02 海軍少佐 秋沢芳馬 海兵18 朝日砲術長 生駒副長 1907.09.28 海軍中佐
1907.12.18 1911.05.23 海軍中佐 千坂智次郎 海兵14 大和艦長 津軽艦長 1908.09.25海軍大佐
1909.02.02 1912.04.20 田村丕顕 海兵27
1911.05.23 1912.06.18 海軍中佐 山岡豊一 海兵17 横須賀鎮守府 千代田艦長 1911.12.01 海軍大佐
1912.04.20 1912.12.01 関野謙吉 海兵13
1912.06.18 1917.12.01 海軍少佐 宇佐川知義 海兵26 海軍省軍務局局員 春日艦長 1913.12.01 海軍中佐
1912.12.01 1915.12.01 山中豊中 海兵32
1915.12.13 1923.12.01 海軍少佐 及川古志郎 海兵31 海軍大学校甲種学生 第一五駆逐隊司令 1919.12.01海軍中佐
1917.11.22 1924.02.05 犬塚太郎 海兵25
1922.12.01 1925.10.20 海軍大佐 加藤隆義 海兵31 第一艦隊参謀 霧島艦長
1924.02.05 1926.12.01 海軍中佐 近藤信竹 海兵35 海軍軍令部出仕 第一艦隊聯合艦隊参謀
1925.10.20 1926.12.25 海軍大佐 今村信次郎 海兵30 日向艦長 侍従武官専任 1925.12.01海軍少将
1926.12.01 1926.12.25 海軍大佐 住山徳太郎 海兵34 海軍省人事局局員 侍従武官専任

参照