「木更津海軍航空隊 (日本海軍)」の版間の差分

提供: wiki31ja
移動: 案内検索
 
1行: 1行:
 
[[木更津海軍航空隊 (日本海軍)|木更津海軍航空隊]](きさらづかいぐんこうくうたい [http://{{SERVERNAME}}/wiki31/en/index.php/Kisarazu_Naval_Air_Unit_(Japanese_Navy) Kisarazu Naval Air Unit])。通称・木空。
 
[[木更津海軍航空隊 (日本海軍)|木更津海軍航空隊]](きさらづかいぐんこうくうたい [http://{{SERVERNAME}}/wiki31/en/index.php/Kisarazu_Naval_Air_Unit_(Japanese_Navy) Kisarazu Naval Air Unit])。通称・木空。
 +
==沿革==
 +
* 昭和11(1936)年4月1日、[[横須賀鎮守府 (日本海軍)|横須賀鎮守府]]隷下に新編。
 
==幹部==
 
==幹部==
 
===木更津海軍航空隊司令===
 
===木更津海軍航空隊司令===
{| border="1"
+
{| class="wikitable"
 
!代数!!発令日!!階級!!氏名!!期別!!前職!!後職!!備考
 
!代数!!発令日!!階級!!氏名!!期別!!前職!!後職!!備考
 
|-
 
|-
|||1936.04.01||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[竹中龍造]]||海兵39||[[横須賀鎮守府 (日本海軍)|横須賀鎮守府]]出仕||[[第十一航空隊 (日本海軍)|第一一航空隊]]司令||
+
|||1936.04.01||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[竹中龍造]]||[[海軍兵学校第39期生 (日本海軍)|海兵39]]||[[横須賀鎮守府 (日本海軍)|横須賀鎮守府]]出仕||[[第十一航空隊 (日本海軍)|第一一航空隊]]司令||
 
|-
 
|-
 
|||1937.09.24
 
|||1937.09.24
 
|-
 
|-
|||1937.11.16||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[竹中龍造]]||海兵39||[[第十一航空隊 (日本海軍)|第一一航空隊]]司令||[[佐伯海軍航空隊 (日本海軍)|佐伯航空隊]]司令||
+
|||1937.11.16||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[竹中龍造]]||[[海軍兵学校第39期生 (日本海軍)|海兵39]]||[[第十一航空隊 (日本海軍)|第一一航空隊]]司令||[[佐伯海軍航空隊 (日本海軍)|佐伯航空隊]]司令||
 
|-
 
|-
 
|||1937.12.15
 
|||1937.12.15

2020年6月28日 (日) 05:31時点における最新版

木更津海軍航空隊(きさらづかいぐんこうくうたい Kisarazu Naval Air Unit)。通称・木空。

沿革

幹部

木更津海軍航空隊司令

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1936.04.01 海軍大佐 竹中龍造 海兵39 横須賀鎮守府出仕 第一一航空隊司令
1937.09.24
1937.11.16 海軍大佐 竹中龍造 海兵39 第一一航空隊司令 佐伯航空隊司令
1937.12.15
1938.12.15 海軍大佐 有馬正文 海兵43 佐世保航空隊司令 横浜航空隊司令
1939.11.15 海軍大佐 加藤唯雄 海兵45 赤城副長 航空技術廠飛行実験部長
1940.11.01 海軍大佐 朝融王 海兵49 八雲艦長 高雄航空隊司令
194.03.20