「新高」の版間の差分

提供: wiki31ja
移動: 案内検索
(新高艦長)
(新高艦長)
16行: 16行:
 
|-
 
|-
 
|||1906.08.30
 
|||1906.08.30
 +
|-
 +
|||1913.09.13||[[海軍中佐 (日本)|海軍中佐]]||[[秋沢芳馬]]||[[海軍兵学校第18期生 (日本海軍)|海兵18]]||[[最上 (初代)|最上]]艦長||[[呉海兵団 (日本海軍)|呉海兵団]]長||1913.12.01 [[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]
 +
|-
 +
|||1914.05.27
 
|-
 
|-
 
|||1920.12.01||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[今村信次郎]]||海兵30||[[第一艦隊 (日本海軍)|第一艦隊]]参謀||[[横須賀鎮守府 (日本海軍)|横須賀鎮守府]]附||
 
|||1920.12.01||[[海軍大佐 (日本)|海軍大佐]]||[[今村信次郎]]||海兵30||[[第一艦隊 (日本海軍)|第一艦隊]]参謀||[[横須賀鎮守府 (日本海軍)|横須賀鎮守府]]附||

2015年9月18日 (金) 09:21時点における版

新高(にいたか)は、日本の軍艦三等巡洋艦二等巡洋艦二等海防艦)。対馬級巡洋艦の2番艦。

艦歴

  • 明治37(1904)年1月27日、竣工引き渡し。三等巡洋艦に類別。
  • 大正元(1912)年8月28日、艦艇類別標準改定。二等巡洋艦に類別変更。
  • 大正10(1921)年9月1日、二等海防艦に類別変更。
  • 大正11(1922)年8月26日、カムチャツカ半島オゼルナヤ沖にて座礁、放棄。
  • 大正12(1923)年4月1日、除籍。

幹部

新高艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1905.12.20 海軍大佐 山縣文蔵 海兵11 龍田艦長 橋立艦長
1906.08.30
1913.09.13 海軍中佐 秋沢芳馬 海兵18 最上艦長 呉海兵団 1913.12.01 海軍大佐
1914.05.27
1920.12.01 海軍大佐 今村信次郎 海兵30 第一艦隊参謀 横須賀鎮守府
1921.09.17

新高副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1905.08.20 海軍少佐 博恭王 海軍省軍務局局員 沖島副長心得
1906.04.01