尾畑義純

提供: wiki31ja
2016年10月28日 (金) 03:26時点におけるAdmiral31 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

尾畑義純(おばた・よしずみ Obata Yoshizumi 明治17(1884)年4月15日 - 昭和32(1957)年9月16日)は、日本の海軍軍人海軍法務中将東京都出身。

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治17(1884)年4月15日
明治43(1910)年7月11日 東京帝国大学法科大学法律学科卒業
明治43(1910)年12月5日 海軍主理試補 軍法会議構成員/海軍東京軍法会議附/海軍省司法局附
明治44(1911)年8月30日 海軍東京軍法会議附/海軍省司法局附
明治44(1911)年8月31日 海軍中主計
明治45(1912)年6月4日 休職
横須賀鎮守府軍法会議附/軍法会議構成員
大正2(1913)年4月7日 海軍主理
(高等官七等)
海軍省司法局局員/海軍東京軍法会議
大正3(1914)年6月4日 予備役
大正5(1916)年4月1日 海軍省法務局局員/海軍東京軍法会議
大正7(1918)年1月9日 海軍省法務局局員/海軍東京軍法会議附/海軍大学校教官
大正8(1919)年9月23日 海軍主計中尉
大正8(1919)年11月18日 海軍大学校海軍刑法教授嘱託
大正10(1921)年8月29日 欧米出張
大正10(1921)年12月1日 海軍大学校海軍刑法教授嘱託
海軍省法務局局員/海軍東京軍法会議附/海軍大学校教官
大正11(1922)年4月1日 海軍司法事務官
海軍法務官
(高等官五等)
海軍省法務局局員/海軍高等軍法会議法務官/海軍東京軍法会議法務官
大正11(1922)年9月1日 海軍司法事務官
海軍法務官
海軍省参事官
大正12(1923)年4月10日 海軍高等軍法会議検察官
大正12(1923)年10月1日 (高等官四等)
大正13(1924)年12月20日 海軍法務官
海軍司法事務官
海軍高等軍法会議法務官/海軍省法務局局員
大正14(1925)年2月6日 海軍大学校刑法教授嘱託
大正14(1925)年4月20日 海軍高等軍法会議法務官/海軍省法務局局員/海軍東京軍法会議法務官/予審官
大正15(1926)年9月30日 (高等官三等)
昭和2(1927)年4月20日 海軍法務官
海軍司法事務官
海軍書記官
昭和4(1929)年11月1日 海軍法務官
海軍司法事務官
昭和6(1931)年4月1日 横須賀鎮守府軍法会議法務官/横須賀鎮守府法務長
昭和6(1931)年4月6日 横須賀鎮守府軍法会議検察官
昭和11(1936)年3月30日 海軍高等軍法会議法務官/海軍東京軍法会議法務官/海軍省法務局局員
昭和11(1936)年4月8日 海軍東京軍法会議検察官
昭和11(1936)年9月30日 (高等官二等)
昭和16(1941)年3月31日 (高等官一等)
昭和16(1941)年4月1日 海軍省法務局長/海軍東京軍法会議法務官
昭和16(1941)年5月6日 海軍省法務局長/海軍高等軍法会議法務官/検察官
昭和17(1942)年4月1日 海軍法務中将
昭和19(1944)年11月1日 軍令部出仕
昭和20(1945)年3月15日 待命
昭和20(1945)年3月20日 予備役
昭和32(1957)年9月16日 死去 (71)