小磯国昭

提供: wiki31ja
2016年7月25日 (月) 10:36時点におけるAdmiral31 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

小磯国昭(こいそ・くにあき Koiso Kuniaki 明治13(1880)年4月1日 - 昭和25(1950)年11月3日)は、日本の政治家、陸軍軍人内閣総理大臣陸軍大将栃木県出身。陸軍士官学校第12期生陸軍大学校第22期生

履歴

  • 大正8(1919)年4月15日、参謀本部演習班長。
  • 大正10(1921)年7月20日、陸軍航空本部部員(欧州出張)。
  • 大正11(1922)年2月8日、任陸軍歩兵大佐
  • 大正12(1923)年3月17日、陸軍大学校教官。
  • 大正12(1923)年8月6日、歩兵第五十一聯隊長。
  • 大正14(1925)年5月1日、参謀本部編制動員課長。
  • 大正15(1926)年12月1日、任陸軍少将陸軍大学校教官。
  • 昭和2(1927)年7月26日、陸軍航空本部総務部長。
  • 昭和4(1929)年8月1日、陸軍省整備局長。
  • 昭和5(1930)年8月1日、陸軍省軍務局長。
  • 昭和6(1931)年8月1日、任陸軍中将
  • 昭和7(1932)年2月29日、陸軍次官
  • 昭和7(1932)年8月8日、関東軍参謀長兼特務部長。
  • 昭和9(1934)年3月5日、第五師団長。
  • 昭和10(1935)年12月2日、朝鮮軍司令官。
  • 昭和12(1937)年11月1日、任陸軍大将
  • 昭和13(1938)年7月15日、待命。
  • 昭和13(1938)年7月29日、予備役。
  • 昭和14(1939)年4月7日、拓務大臣
  • 昭和14(1939)年8月30日、辞職。
  • 昭和15(1940)年1月16日、拓務大臣
  • 昭和15(1940)年7月22日、辞職。
  • 昭和17(1942)年5月29日、朝鮮総督
  • 昭和19(1944)年7月22日、内閣総理大臣
  • 昭和20(1945)年4月7日、辞職。
  • 昭和20(1945)年10月22日、A級戦犯指名。
  • 昭和21(1946)年4月29日、極東軍事裁判に訴追。
  • 昭和23(1948)年11月12日、判決。(終身刑)
  • 昭和25(1950)年11月3日、巣鴨獄中において逝去。

在任