龍田 (初代)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

龍田(たつた Tatsuta)は、日本の軍艦(のち通報艦一等砲艦潜水艦母艇)。龍田級砲艦

艦歴

  • 明治24(1891)年度計画艦。
  • 明治26(1893)年4月、英国 Armstrong 社にて起工。
  • 明治27(1894)年4月6日、進水。
  • 明治27(1894)年7月31日、竣工引き渡し。
  • 明治31(1898)年3月21日、艦艇類別標準制定。通報艦に種別。
  • 大正元(1912)年8月28日、艦艇類別標準改定。一等砲艦に種別。
  • 大正5(1916)年4月1日、除籍。
  • 大正5(1916)年12月9日、雑役船に編入、潜水艇母船に種別。長浦丸(ながうらまる)と改名。
  • 大正9(1920)年7月1日、特務艦艇に編入、潜水艦母艇に種別。長浦(ながうら)と改名。
  • 大正15(1926)年3月12日、除籍。
  • 大正15(1926)年4月6日、売却。

幹部

龍田艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1894.06.05 海軍少佐 出羽重遠 海兵5 赤城艦長 警備艦隊参謀長心得
1894.07.13
1895.05.25 海軍少佐 富岡定恭 海兵5 厳島副長 海軍兵学校教頭
1896.04.01
1897.02.04 海軍少佐 小倉鋲一郎 海兵5 鳥海艦長 高雄艦長
1897.06.01
1903.11.11 海軍中佐 釜屋忠道 海兵11 富士副長 佐渡丸艦長 1905.01.12 海軍大佐
1905.03.15
1905.03.15 海軍中佐 山縣文蔵 海兵11 台湾総督府海軍参謀長 新高艦長 1905.08.05 海軍大佐
1905.12.20 海軍中佐 佐藤鉄太郎 海兵14 朝日副長 海軍大学校選科学生
1906.01.25

参照