閑院宮春仁王

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

閑院宮春仁王(かんいんのみや・はるひとおう、明治35(1902)年8月3日 - 昭和63(1988)年6月18日)は、日本の皇族陸軍軍人陸軍少将陸軍士官学校第36期生(騎兵)、陸軍大学校第44期生閑院宮家第七代当主。閑院宮載仁親王次男。母は妃三条智恵子。昭和22(1947)年10月14日皇籍離脱、閑院春仁と名乗る。のち純仁(すみひと)と改名。

履歴

在任

親族