鎮東級砲艦 (日本海軍, 1895)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

概説

 鎮東級は清国海軍が英アームストロング社に発注した小型砲艦で、わずか500トンの小艦だが、艦首部に28センチの大型砲を搭載している。しかし旋回機構は備えておらず、照準は操艦によって得るしかないため実用性は低かった。全部で11隻が建造されたとされているが、日清戦争当時は6隻が威海衛にあって日本軍の攻撃に際会し、要塞陥落によって捕獲された。日本海軍では28センチ砲という砲力に注目してこれらの艦を編入し、そのうち鎮中と鎮辺は北清事変に出動したがその他の艦はもっぱら国内で訓練に使用され、結局実用性があまりにも低かったために日露戦争前に除籍された。

主要要目

排水量: 常備 500t
長さ: 垂線間長 38.1m
全幅: 8.8m
喫水: 2.9m
機関: 2軸 斜動式二段膨張レシプロ 2基, 円缶(石炭専焼, 基数不明), 455ihp
燃料: 石炭 50t
速力: 10.4ノット
兵装: 28cm/23口径前装砲 1門, 8cm砲 2門, 機関銃 4挺
乗員: 28

一覧

計画 艦名 建造 起工 進水 就役 艦歴 記事
鎮東 Chinto 英 Armstrong 1879 1879 1880 清国海軍 (鎮東 Chen Tung) 1895.02.17 捕獲
1895.03.16 編入
1898.03.21 二等砲艦
1903.08.21 除籍
鎮南 Chinnan 英 Armstrong 1879 1879 1880 清国海軍 (鎮南 Chen Nan) 1895.02.17 捕獲
1895.03.16 編入
1898.03.21 二等砲艦
1903.08.21 除籍
鎮西 Chinzei 英 Armstrong 1879 1879 1880 清国海軍 (鎮西 Chen Xi) 1895.02.17 捕獲
1895.03.16 編入
1898.03.21 二等砲艦
1903.08.21 除籍
鎮北 Chimpoku 英 Armstrong 1879 1879 1880 清国海軍 (鎮北 Chen Bei) 1895.02.17 捕獲
1895.03.16 編入
1898.03.21 二等砲艦
1903.08.21 除籍
鎮辺 Chimpen 英 Armstrong 1879 1880 1881 清国海軍 (鎮辺 Chen Bien) 1895.02.17 捕獲
1895.03.16 編入
1898.03.21 二等砲艦
1903.08.21 除籍
鎮中 Chinchu 英 Armstrong 1879 1880 1881 清国海軍 (鎮中 Chen Zhong) 1895.02.17 捕獲
1895.03.16 編入
1898.03.21 二等砲艦
1903.08.21 除籍