鍋島豊太

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

鍋島豊太(なべしま・とよた Nabeshima Toyota 明治16(1883)年10月30日 - 昭和37(1962)年7月24日)は、日本の海軍軍人海軍薬剤少将香川県出身。

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治16(1883)年10月30日
明治41(1908)年1月15日 海軍薬剤学生
明治43(1910)年6月 東京帝国大学医科大学薬学科卒
明治43(1910)年6月23日 海軍中薬剤士 海軍軍医学校練習学生
明治44(1911)年1月27日 佐世保海軍病院附(薬剤科)
大正元(1912)年12月1日 海軍大薬剤士
大正2(1913)年7月3日 舞鶴海軍病院附/看護術練習所教官
大正6(1917)年12月1日 東京帝国大学大学院修学
大正7(1918)年8月15日 海軍軍医学校選科学生
大正7(1918)年12月1日 海軍薬剤少監
大正8(1919)年9月23日 海軍薬剤少佐
大正8(1919)年12月1日 横須賀鎮守府附(海軍省艦政局六課)
大正9(1920)年10月1日 横須賀鎮守府附(海軍省軍需局三課)
大正10(1921)年5月5日 海軍軍医学校教官
大正11(1922)年11月20日 海軍省医務局局員/軍需局局員(三課)
大正11(1922)年12月1日 海軍薬剤中佐
大正14(1925)年12月1日 海軍省医務局局員
大正15(1926)年12月1日 海軍薬剤大佐
昭和7(1932)年12月1日 海軍薬剤少将 海軍軍令部出仕
昭和7(1932)年12月10日 待命被仰付
昭和7(1932)年12月15日 予備役被仰付
昭和37(1962)年7月24日 死去 (78)