賀陽宮邦憲王

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

賀陽宮邦憲王(かやのみや・くにのりおう Prince Kuninori, Prince of Kaya 慶応3年6月1日(1867年7月2日) - 明治42(1909)年12月8日)は、日本の皇族久邇宮朝彦親王次男。母は家女房泉亭静枝子。明治25(1892)年12月17日、賀陽宮を称す。明治33(1900)年5月9日、賀陽宮家創設。

履歴

在任

親族

尊属

卑属

  • 醍醐好子 慶応元年10月20日~昭和16(1941)年11月26日。明治25(1892)年10月26日結婚。
    • 由紀子女王(ゆきこ) 明治28(1895)年11月28日~昭和21(1946)年11月12日。大正 4(1915)年 4月30日、町尻量基に降嫁。
    • 恒憲王(つねのり) 明治33(1900)年 1月27日~昭和53(1978)年 1月 3日
    • 佐紀子女王(さきこ) 明治36(1903)年 3月30日~大正12(1923)年 9月 1日。大正11(1922)年 7月19日、山階宮武彦王と結婚。