蒼龍級航空母艦 (日本海軍, 1935)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

蒼龍級航空母艦(そうりゅうきゅう・こうくうぼかん Soryu class aircraft carrier)は、日本海軍艦艇のタイプ。昭和9年度計画により1隻が建造された。条約で許された空母の合計トン数の残り2万1000トンで2隻の空母を整備するため、1万500トンの中型空母として計画された。当初の計画では砲戦能力が重視されたが、友鶴事件によって計画が抜本的に見直され、排水量を1万5000トンに拡大したうえ航空機運用に特化した設計となった。これまでの運用経験を盛り込んだ結果、おおむね満足すべき性能を発揮しこれ以降の日本空母の基本型となった。基本計画番号 G9。

概説

 蒼龍は日本の航空母艦の基本形態がほぼ固まったエポックメーキングな艦である。しかしその形態が固まる契機となったのは、友鶴事件である。もともと、ワシントン条約で航空母艦の保有量を制限されることになったが、蒼龍が計画された時点で日本海軍に残された割り当て排水量は2万100トンであった。そこで1万50トンの中型空母を2隻建造することになった。これが蒼龍級である。蒼龍計画当時の昭和初期、日本海軍にとって最大の関心事はロンドン条約によって制限された巡洋艦の保有量であった。大型巡洋艦を主力艦に次ぐ重要兵力とみなしていた日本海軍では、空母ですら巡洋艦を補完するための兵力と考えていた。ことに空母は高速を発揮するために巡洋艦の艦型を採用していたため、充分な砲力を与えれば巡洋艦の補完兵力としても活用できると考えるようになった。こうして纏められたのが、いわゆる「蒼龍原案」である。この案の最大の特徴は艦首部飛行甲板下に装備された15.5センチ砲5門(連装砲塔1基、三連装1基)である。高速とあいまって、巡洋艦と拮抗でき、駆逐艦ならば充分撃驤できるだけの能力が期待された。実質的には航空巡洋艦とみなすべきものであった。しかし昭和9年、友鶴事件が発生して復原性能を全面的に再検討することとなった。当然、「蒼龍原案」も見直されることとなり、復原性不良と判定されて全面的に再設計されることになったのである。再設計に際しては、昭和11年末の条約失効をみこして排水量の制限も解除され、砲戦は考慮せず航空戦の戦力発揮に専念することとした。そうして決定されたのが最終的に決定された蒼龍型である。1万5千トンの基準排水量に15万馬力の出力で実に34ノットを発揮し、艦尾から艦首まで全通する一段飛行甲板、右舷前部に島式艦橋、右舷中央に下方に湾曲した煙突、飛行甲板の前部・中部・後部に1基づつ装備されたエレベーター、上下二段式の格納庫、対空防禦以外の砲戦は全く考慮せず、ただし弾薬庫、機関部にだけは駆逐艦の砲撃に耐えられる程度の防禦を施していた。これらの構造の大部分はのちの日本空母に継承されている。もともと蒼龍級は2隻建造される予定であったが、搭載機の大型化にともなって蒼龍の飛行甲板幅26メートルでは不足だとされ、姉妹艦飛龍は蒼龍の改良型として建造されることになり、結局蒼龍は同型艦なしとなった。竣工時にはすでに支那事変が始まっており、慣熟訓練後に早速中国大陸沿岸に出動した。初陣は昭和13年5月に行なわれた廈門攻略作戦支援である。この時は臨時に作戦部隊に編入されて行動したが、まもなく龍驤とともに第二航空戦隊を編成して10月には広東攻略作戦を支援した。昭和14年11月、南寧攻略のための陸軍部隊上陸を支援する作戦に参加した。以後、中国方面での戦況は停滞し、陸上基地の整備もあって空母部隊の活動は消極化した。昭和15年および16年には北部および南部仏印進駐作戦に参加した。この頃には飛龍が竣工しており、2隻で第二航空戦隊を編成していた。太平洋戦争開戦早々には、南雲機動部隊の一艦としてハワイ空襲を敢行したことはよく知られている。作戦完了後に苦戦していたウェーク作戦を支援するために本隊から離れてウェーク島沖で行動した。以後南方に転戦、ラバウル、マレー、蘭印作戦を支援し、南方作戦が一段落したのちはインド洋に行動、英東洋艦隊をインドから駆逐し、英国艦隊を東アフリカまで後退させた。さらに6月に発動されたミッドウェー作戦に参加し、米機動部隊の急降下爆撃を被って戦没した。

主要要目

排水量: 基準 15,900t, 公試 18,500t, 満載 19,800t
長さ: 垂線間長 210.0m, 水線長 222.0m, 全長 227.5m
全幅: 21.3m
喫水: 7.62m
機関: 4軸 艦本式減速タービン(高中低圧) 4基, ロ号艦本式缶 8基 (重油専焼), 152,000shp
燃料: 重油 3670r
速力: 34.5ノット
装甲: 水線帯 45mm, 機関部甲板 25mm, 弾薬庫甲板 55mm
兵装: 12.7cm/40口径高角砲 連装6基 12門, 25mm対空機銃 28門, 航空機 71機
乗員: 1100

一覧

計画 艦名 建造所 起工 進水 就役 艦歴 記事
昭9 蒼龍 Soryu 呉工廠 1934.11.20 1935.12.23 1937.12.29 航空母艦 1942.06.05 戦没 (航空攻撃)
1942.08.10 除籍
ミッドウェー


日本海軍の軍艦 (斜体 未成)
主力艦東級 (), 龍驤級 (龍驤), 扶桑級 (扶桑), 金剛級 (金剛, 比叡), 鎮遠級 (鎮遠), 富士級 (富士, 八島), 敷島級 (敷島, 初瀬), 朝日級 (朝日), 三笠級 (三笠), 石見級 (石見), 相模級 (相模, 周防), 肥前級 (肥前), 丹後級 (丹後), 壱岐級 (壱岐), 見島級 (見島, 沖島), 筑波級 (筑波, 生駒), 鹿島級 (鹿島, 香取), 薩摩級 (薩摩, 安芸), 伊吹級 (伊吹, 鞍馬), 摂津級 (摂津, 河内), 金剛級 (金剛, 比叡, 榛名, 霧島), 扶桑級 (扶桑, 山城), 伊勢級 (伊勢, 日向), 長門級 (長門, 陸奥), 加賀級 (加賀, 土佐), 天城級 (天城, 赤城, 高雄, 愛宕), 紀伊級 (紀伊, 尾張, 第11号艦, 第12号艦), 第13号艦級 (第13号艦, 第14号艦, 第15号艦, 第16号艦), 大和級 (大和, 武蔵, 信濃, 第110号艦), B64型
航空母艦鳳翔級 (鳳翔), 翔鶴級 (翔鶴), 赤城級 (赤城), 加賀級 (加賀), 龍驤級 (龍驤), 蒼龍級 (蒼龍), 飛龍級 (飛龍), 翔鶴級 (翔鶴, 瑞鶴), 瑞鳳級 (瑞鳳, 祥鳳), 龍鳳級 (龍鳳), 隼鷹級 (隼鷹, 飛鷹), 大鳳級 (大鳳), 千歳級 (千歳, 千代田), 信濃級 (信濃), 雲龍級 (雲龍, 天城, 葛城, 笠置, 生駒, 阿蘇), 伊吹級 (伊吹), 大鷹級 (大鷹, 雲鷹, 冲鷹), 海鷹級 (海鷹), 神鷹級 (神鷹)
巡洋艦浪速級 (浪速, 高千穂), 畝傍級 (畝傍), 松島級 (松島, 厳島, 橋立), 秋津洲級 (秋津洲), 吉野級 (吉野), 和泉級 (和泉), 済遠級 (済遠), 千代田級 (千代田), 須磨級 (須磨, 明石), 高砂級 (高砂), 笠置級 (笠置, 千歳), 浅間級 (浅間, 常磐), 八雲級 (八雲), 吾妻級 (吾妻), 出雲級 (出雲, 磐手), 対馬級 (対馬, 新高), 春日級 (春日, 日進), 音羽級 (音羽), 阿蘇級 (阿蘇), 宗谷級 (宗谷), 津軽級 (津軽), 鈴谷級 (鈴谷), 利根級 (利根), 淀級 (, 最上), 筑摩級 (筑摩, 平戸, 矢矧), 天龍級 (天龍, 龍田), 球磨級 (球磨, 多摩, 木曽, 大井, 北上), 長良級 (長良, 五十鈴, 由良, 名取, 鬼怒, 阿武隈), 川内級 (川内, 神通, 那珂, 加古), 夕張級 (夕張), 古鷹級 (古鷹, 加古), 青葉級 (青葉, 衣笠), 妙高級 (妙高, 那智, 羽黒, 足柄), 高雄級 (高雄, 愛宕, 鳥海, 摩耶), 最上級 (最上, 三隈, 鈴谷, 熊野), 利根級 (利根, 筑摩), 香取級 (香取, 鹿島, 香椎, 橿原), 阿賀野級 (阿賀野, 能代, 矢矧, 酒匂), 五百島級 (五百島, 八十島), 大淀級 (大淀, 仁淀), 伊吹級 (伊吹, 第301号艦)
砲艦
コルベット
咸臨丸級 (咸臨丸, 朝陽丸), 観光丸級 (観光丸), 筑波級 (筑波), 雷電級 (雷電), 陽春級 (陽春), 春日級 (春日), 富士山級 (富士山), 千代田形級 (千代田形), 丁卯級 (第一丁卯, 第二丁卯), 孟春級 (孟春), 雲揚級 (雲揚), 鳳翔級 (鳳翔), 日進級 (日進), 浅間級 (浅間), 乾行級 (乾行), 清輝級 (清輝), 迅鯨級 (迅鯨), 天城級 (天城), 磐城級 (磐城), 筑紫級 (筑紫), 海門級 (海門), 天龍級 (天龍), 葛城級 (葛城, 大和, 武蔵), 摩耶級 (摩耶, 鳥海, 愛宕, 赤城), 高雄級 (高雄), 八重山級 (八重山), 千島級 (千島), 大島級 (大島), 龍田級 (龍田), 平遠級 (平遠), 操江級 (操江), 鎮東級 (鎮東, 鎮西, 鎮南, 鎮北, 鎮中, 鎮辺), 湄雲級 (湄雲), 広丙級 (広丙), 宮古級 (宮古), 千早級 (千早), 宇治級 (宇治), 隅田級 (隅田), 満州級 (満州), 姉川級 (姉川), 伏見級 (伏見), 鳥羽級 (鳥羽), 嵯峨級 (嵯峨), 安宅級 (安宅), 勢多級 (勢多, 堅田, 比良, 保津), 熱海級 (熱海, 二見), 橋立級 (橋立, 宇治), 伏見級 (伏見, 隅田), 多々良級 (多々良), 須磨級 (須磨), 唐津級 (唐津), 舞子級 (舞子), 鳴海級 (鳴海), 興津級 (興津)
水上機母艦若宮級 (若宮), 能登呂級 (能登呂), 神威級 (神威), 千歳級 (千歳, 千代田), 瑞穂級 (瑞穂), 日進級 (日進), 秋津洲級 (秋津洲)
潜水母艦豊橋級 (豊橋), 韓崎級 (韓崎), 駒橋級 (駒橋), 迅鯨級 (迅鯨, 長鯨), 大鯨級 (大鯨), 剣埼級 (剣埼, 高崎)
敷設艦津軽級 (津軽), 阿蘇級 (阿蘇), 勝力級 (勝力), 常磐級 (常磐), 厳島級 (厳島), 白鷹級 (白鷹), 八重山級 (八重山), 沖島級 (沖島), 初鷹級 (初鷹, 蒼鷹, 若鷹, 朝鳥), 津軽級 (津軽), 箕面級 (箕面)
駆逐艦一等海風級, 浦風級, 磯風級, 谷風級, 峯風級, 神風級, 睦月級, 吹雪級, 暁級, 初春級, 白露級, 朝潮級, 陽炎級, 夕雲級, 島風級, 秋月級, 松級, 橘級
二等桜級, 樺級, 桃級, 榎級, 樅級, 若竹級
三等雷級, 叢雲級, 暁級, 白雲級, 春雨級, 文月級, 皐月級, 巻雲級, 朝風級
水雷艇千鳥級, 鴻級
潜水艦一等海大I型, 海大II型, 巡潜I型, 海大IIIa型, 機雷潜型, 海大IIIb型, 海大IV型, 海大V型, 巡潜I改型, 海大IVa型, 巡潜II型, 巡潜III型, 海大VIb型, 丙I型, 甲I型, 乙I型, 海大VII型, 乙II型, 丙III型, 甲II型, 甲改型, 乙III型, 乙IV型, 丙II型, 丙IV型, 丁I型, 丁II型, 特型, 潜補型, 潜高型, 伊501級, 伊503級, 伊504級, 伊505級, 伊506級
二等海中I型, F1型, L1型, 海中II型, L2型, 海中III型, F2型, L3型, 海中IV型, L4型, 海中特型, 海中V型, 海小型, 海中VI型, 呂500級, 潜輸小型, 潜高小型
三等ホランド型, 海軍ホランド型, C1型, C2型, ビッカース川崎型, S1型, C3型, S2型
護衛艦艇海防艦占守級, 択捉級, 御蔵級, 鵜来級, 丙型, 丁型海防艦, 甲型, 乙型海防艇
哨戒艇第1号級, 第31号級, 第46号級, 第101号級, 第102号級, 第103号級, 第104号級, 第105号級, 第106号級, 第107号級, 第108号級, 第109号級哨戒艇, 第1号級哨戒特務艇
掃海艇第1号級, 第5号級, 第13号級, 第17号級, 第7号級, 第19号級, 第101号級掃海艇, 第1号級, 第101号級, 第104号級掃海特務艇
駆潜艇第1号級, 第3号級, 第4号級, 第13号級, 第28号級駆潜艇, 第251号級, 第101号級, 第102号級, 第103号級, 第111号級, 第112号級, 第117号級, 第1号級駆潜特務艇
敷設艇燕級, 夏島級, 猿島級, 測天級, 網代級, 神島級敷設艇, 測天級, 第1号級, 第101号級敷設特務艇
特務艦練習船摂津級, 肇敏級, 石川級, 館山級, 干珠級
工作艦朝日級, 関東級, 明石級
運送艦松江級, 高崎級, 労山級, 青島級, 膠州級, 志自岐級, 剣埼級, 洲埼級, 室戸級, 野間級, 知床級, 隠戸級, 神威級, 間宮級, 宗谷級, 樫野級, 野埼級, 杵埼級, 伊良湖級, 足摺級, 洲埼級, 大瀬級, 風早級, 速吸級, 針尾級, 鞍埼級, 玉野級
砕氷艦大泊級
測量艦大和級, 筑紫級
標的艦摂津級, 矢風級, 波勝級, 大浜級
電纜敷設艇初島級
輸送艦第1号級, 第101号級, 第103号級
FAC水雷艇第1号級, 小鷹級, 第5号級, 第21号級, 第22号級, 第26号級, 第27号級, 第28号級, 福龍級, 隼級, 白鷹級, 第29号級, 第39号級, 第50号級, 第67号級
魚雷艇
砲艇
第10号級, 第11号級, 第1号級, 第151号級, 第201号級, 第206号級, 第220号級, 第235号級, 第241号級, 第301号級, 第327号級, 第411号級, 第468号級, 第469号級, 第474号級, 第491号級, 第538号級, 第101号級, 第102号級, 第113号級, 第114号級, 第1号隼級, 第2号隼級, 第10号隼級, 第27号隼級, 第74号隼級, 第101号隼級
特設艦船巡洋艦, 敷設艦, 急設網艦, 航空母艦, 水上機母艦, 航空機運搬艦, 水雷母艦, 潜水母艦, 掃海母艦, 砲艦, 輸送艦, 捕獲網艇, 防潜網艇, 敷設艇, 駆潜艇, 掃海艇, 監視艇, 運送艦, 運送船, 工作艦, 港務艦, 測量艦, 砕氷船, 電線敷設船, 病院船, 救難船, 雑役船