第27号隼級魚雷艇 (日本海軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

昭和19年横須賀および呉工廠で建造され、12隻からなる。10号隼型と同様、全溶接の鋼製船体で基本寸法と兵装も同一だが、魚雷艇用に開発された71号6型機関を搭載し、艇型を H35 と称する。観点を変えるならば、第241号型の主機を換装し雷装を廃止した機銃兵装強化型といえよう。専用機関の搭載によって出力が格段に増大し、38ノットの高速に達したが、本機関の製造に不可欠なアルミニウムが航空機生産に重点的に配分された結果、充分な主機の供給を受けることができず、建造隻数は僅少にとどまった。

主要目

排水量 25トン
全長 18.00m
4.30m
吃水 0.70m
主機/軸数 艦本式71号6型ガソリン機関2基/2軸
出力 1,840馬力
速力 38ノット
兵装 25mm96式単装機銃3基、爆雷4個

一覧

  • 第27~第32号
  • 第212~第217号