第114号級魚雷艇 (日本海軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

戦利艇。昭和15年、ソーニクロフト社で竣工したフィリピン海軍の所属艇で、原名をQIIIと称する。第1次大戦時、イギリス海軍が開発した55フィート型CMBを拡大改正した全木製の3軸艇で、40ノット近い高速を有していた。17年5月、キャビテで沈没しているのを捕獲し、第103工作部で18年4月に整備完成後、比島方面で使用したが、戦争末期同海域で戦没したといわれている。

主要目

排水量 40トン
全長 20.00m
4.00m
吃水 1.10m
主機/軸数 ソーニクロフト型ガソリン機関3基/3軸
出力 1,800馬力
速力 39ノット
兵装 13mm単装機銃2基、45cm魚雷落射機2基

一覧

  • 第114号