第1号級哨戒特務艇 (日本海軍, 1945)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

概説

 海軍では、大戦中に漁船を多数徴用して特設監視艇として本土東方を中心に遠距離監視に任じていたが、ほとんど武装を持っていなかったため潜水艦などと交戦して喪なわれるケースが多かった。任務の特性上数量が必要であり、しかも食糧政策上、漁船をそう無闇に徴用するわけにもいかず、しかも損耗も大きいとあって、海軍自身で計画的に監視艇を建造する必要性が生じてきた。こうして計画されたのが哨戒特務艇である。鋼船建造能力を持つ造船所では、軍艦や戦時標準型商船の建造で手一杯であり、かつ鋼材の手配も難しいことから木製の漁船建造所を活用することが考えられ(この手法はすでに1号級駆潜特務艇で試行済み)、木船工業会の16社に漁船構造の木製船体を発注し、完成したところで最寄りの海軍工廠に引渡し、武装を搭載した上で竣工という順序を踏んだ。この方法は駆潜特務艇とまったく同様である。昭和18年および19年計画で280隻が計画されたが、着手が遅かったことと乾燥材の供給が隘路になったことから、終戦までに完成したのは27隻にとどまり、しかもそのほとんどは終戦間際の竣工であったため戦局に寄与することはなかった。しかし、米軍が敷設した大量の磁気機雷を戦後掃海するにあたり、木製船体であったことからこれら感応機雷の掃海にはもってこいで、13隻が掃海船として海上保安庁に移管され、さらにその大部分が海上自衛隊に移されて戦後も長期間掃海作業に従事した。第191号哨戒特務艇は朝鮮戦争で掃海に動員され、触雷戦没した。また、終戦時未完成だった艇のかなりの部分が漁船への改造を進駐軍総司令部から許可され、終戦直後の蛋白質確保に寄与した。

主要要目

排水量: 基準 238t, 常備 240t
長さ: 垂線間長 28.5m, 水線長 29.8m
全幅: 6.1m
喫水: 2.3m
機関: 1軸 中速400馬力ディーゼル 1基, 400bhp
速力: 9ノット
航続力: 3500海里/9ノット
兵装: 25mm対空機銃 2門, 13.2mm対空機銃 3門, 爆雷 8発
乗員: 不明

一覧

計画 艦名 建造 起工 進水 就役 艦歴 記事
昭18 第一号哨戒特務艇 山西造船・横須賀工廠 ? 1945 1945.03.28 (哨戒特務艇) 除籍
昭18 第二号哨戒特務艇 山西造船・横須賀工廠 ? 1945 1945.05.20 (哨戒特務艇) 除籍
昭18 第三号哨戒特務艇 山西造船・横須賀工廠 ? 1945 1945.08.05 (哨戒特務艇) 除籍
昭18 第四号哨戒特務艇 山西造船・横須賀工廠 ? 1945 漁船に転用
昭18 第二十五号哨戒特務艇 村上造船・横須賀工廠 ? 945 1945.04.27 (哨戒特務艇) 1945.09.18 喪失
昭18 第二十六号哨戒特務艇 村上造船・横須賀工廠 ? 1945 1945.08.02 (哨戒特務艇) 除籍 漁船に転用
昭18 第二十七号哨戒特務艇 村上造船 ? 1945.06.18 未成解体
昭18 第三十一号哨戒特務艇 船矢造船・横須賀工廠 ? 1945 1945.07.29 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍 のち海自うきしま
昭18 第三十二号哨戒特務艇 船矢造船 ? 1945.06.05 漁船に転用
昭18 第三十三号哨戒特務艇 船矢造船 1944.07.12 漁船に転用
昭18 第三十四号哨戒特務艇 船矢造船 1944.10.26 漁船に転用
昭18 第三十七号哨戒特務艇 三保造船・横須賀工廠 ? 1945 1945.06.02 (哨戒特務艇) 1945.07.18 戦没
昭18 第三十八号哨戒特務艇 三保造船 1944.11.28 未成解体
昭18 第五十四号哨戒特務艇 小柳造船・横須賀工廠 ? 1945 1945.08.05 (哨戒特務艇) 1945? 喪失
昭18 第五十五号哨戒特務艇 小柳造船 1945.03.29 消息不明
昭18 第六十四号哨戒特務艇 佐賀造船・舞鶴工廠 ? 1945 漁船に転用
昭18 第六十五号哨戒特務艇 佐賀造船 ? 1945.06.08 漁船に転用
昭18 第六十六号哨戒特務艇 佐賀造船 1944.12.10 消息不明
昭18 第八十四号哨戒特務艇 米子造船・舞鶴工廠 ? 1945 1945.06.07 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍 のち海自つるしま
昭18 第八十五号哨戒特務艇 米子造船 1944.09.25 漁船に転用
昭18 第八十六号哨戒特務艇 米子造船 1945.02.12 漁船に転用
昭18 第九十号哨戒特務艇 市川造船・横須賀工廠 ? 1945 1945.04.11 (哨戒特務艇) 1945.08 or 09 戦没
昭18 第九十一号哨戒特務艇 市川造船・横須賀工廠 ? 1945 消息不明
昭18 第九十二号哨戒特務艇 市川造船 ? 1945.05.17 消息不明
昭18 第九十三号哨戒特務艇 市川造船 1944.11.05 消息不明
昭18 第百十号哨戒特務艇 西井造船・横須賀工廠 ? 1945 1945.07.18 未成戦没
昭18 第百十一号哨戒特務艇 西井造船・横須賀工廠 ? 1945 消息不明
昭18 第百二十二号哨戒特務艇 強力造船・横須賀工廠 ? 1945 1945.07.18 未成戦没
昭18 第百二十三号哨戒特務艇 強力造船・横須賀工廠 ? 1945 消息不明
昭18 第百三十四号哨戒特務艇 四国船渠・呉工廠 ? 1945 1945.02.26 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍 のち海自おとしま
昭18 第百三十五号哨戒特務艇 四国船渠・呉工廠 ? 1945 1945.05.23 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍 のち海自まつしま
昭18 第百三十六号哨戒特務艇 四国船渠・呉工廠 ? 1945 1945.06.05 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍 のち海自ひめしま
昭18 第百三十七号哨戒特務艇 四国船渠・呉工廠 ? 1945 1945.07.15 (哨戒特務艇) 1946.04.18 擱座
昭18 第百三十八号哨戒特務艇 四国船渠・呉工廠 ? 1945 1945.08.11 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍 のち海自あわしま
昭18 第百三十九号哨戒特務艇 四国船渠・呉工廠 ? 1945 のち海自くるしま
昭18 第百四十号哨戒特務艇 四国船渠 ? 1945.08.06 消息不明
昭18 第百五十二号哨戒特務艇 福島造船・呉工廠 ? 1945 1945.05.23 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍 のち海自かもしま
昭18 第百五十三号哨戒特務艇 福島造船・呉工廠 ? 1945 1945.07.23 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍 のち海自たかしま
昭18 第百五十四号哨戒特務艇 福島造船・呉工廠 ? 1945 のち海保
昭18 第百五十五号哨戒特務艇 福島造船 ? 1945.07.15 消息不明
昭18 第百五十六号哨戒特務艇 福島造船 1945.03.07 消息不明
昭18 第百六十三号哨戒特務艇 林兼重工・佐世保工廠 ? 1945 1945.02.10 (哨戒特務艇) 1945.08.22 戦没
昭18 第百六十四号哨戒特務艇 林兼重工・佐世保工廠 ? 1945 1945.03.02 (哨戒特務艇) 1945.05.30 喪失
昭18 第百六十五号哨戒特務艇 林兼重工・佐世保工廠 ? 1945 1945.05.15 (哨戒特務艇) 1945? 喪失
昭18 第百六十六号哨戒特務艇 林兼重工・佐世保工廠 ? 1945 1945.07.23 (哨戒特務艇) 1945.08.12 戦没
昭18 第百七十三号哨戒特務艇 徳島造船・呉工廠 ? 1945 1945.03.26 (哨戒特務艇) 1945.03.29 戦没
昭18 第百七十四号哨戒特務艇 徳島造船・呉工廠 ? 1945 1945.05.10 (哨戒特務艇) 除籍
昭18 第百七十五号哨戒特務艇 徳島造船・呉工廠 ? 1945 1945.06.06 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍 のち海保
昭18 第百七十六号哨戒特務艇 徳島造船・呉工廠 ? 1945 1946.04.18 喪失
昭18 第百七十七号哨戒特務艇 徳島造船 ? 1945.05.26 消息不明
昭18 第百七十八号哨戒特務艇 徳島造船 1945.05.28 消息不明
昭18 第百七十九号哨戒特務艇 自念造船・佐世保工廠 ? 1945 1945.05.20 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍 のち海自おおしま
昭18 第百八十号哨戒特務艇 自念造船 ? 1945.07.11 消息不明
昭18 第百八十一号哨戒特務艇 自念造船 1945.01.05 消息不明
昭18 第百九十一号哨戒特務艇 福岡造船・佐世保工廠 ? 1945 1945.03.27 (哨戒特務艇) 1945.11.30 除籍
1945.12.01 掃海艦
1948.05.01 海上保安庁へ移管
(掃海船 MS30号)
1950.10.27 戦没 (触雷)
朝鮮群山沖
昭18 第百九十二号哨戒特務艇 福岡造船・佐世保工廠 ? 1945 1945.07.27 (哨戒特務艇) 除籍
昭18 第百九十三号哨戒特務艇 福岡造船 1945.02.07 1945.09.18 未成喪失 (荒天)