第二海軍技術廠 (日本海軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

第二海軍技術廠(だいにかいぐんぎじゅつしょう Second Naval Technological Factory)は、日本海軍の官衙。

沿革

  • 昭和20(1945)年2月15日、新設(2月13日勅令第65号、2月14日公布)。海軍航空技術廠および海軍電波本部を改編し第一および第二海軍技術廠を設置。第二海軍技術廠は主に波動兵器を所掌し、海軍航空本部長に隷属する。

幹部

第二海軍技術廠長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1945.02.15 海軍中将 中島寅彦 海兵39 電波本部 軍令部出仕
1945.06.10 海軍中将 松永貞市 海兵41 軍令部出仕 予備役
1945.09.30

各部長

第二海軍技術廠総務部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1945.02.15 海軍少将 兄部勇次 海兵45 軍令部出仕 海軍省出仕 1945.11.29 欠員

第二海軍技術廠電波兵器部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1945.02.15 海軍技術中将 名和武 東京帝大(工) 技研電波研究部長兼電気研究部長 予備役
1945.11.20

第二海軍技術廠通信兵器部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1945.02.15 海軍技術中将 名和武 東京帝大(工) 技研電波研究部長兼電気研究部長 予備役
1945.11.20

第二海軍技術廠音響兵器部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1945.02.15 海軍少将 安場保雄 海兵42 技術研究所音響研究部長 予備役
1945.09.30

第二海軍技術廠磁気兵器部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1945.05.01 海軍中将 安場保雄 海兵42 第二技術廠音響兵器部長専任 予備役
1945.09.30