第一次鳩山一郎内閣

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

第一次鳩山一郎内閣(だいいちじはとやまいちろうないかく)、第一次鳩山一内閣

概要

沿革

  • 昭和29(1954)年12月9日、内閣総理大臣指名選挙
  • 昭和29(1954)年12月10日、第一次鳩山一内閣成立
  • 昭和30(1955)年1月24日、衆議院解散
  • 昭和30(1955)年2月27日、第27回衆議院議員総選挙実施
  • 昭和30(1955)年3月18日、内閣総理大臣指名選挙
  • 昭和30(1955)年3月19日、第二次鳩山一内閣成立

閣僚

 1954.12.10
内閣総理大臣鳩山一郎
外務大臣重光葵
大蔵大臣一万田尚登
法務大臣花村四郎
文部大臣安藤正純
厚生大臣鶴見祐輔
農林大臣河野一郎
通商産業大臣石橋湛山
運輸大臣三木武夫
郵政大臣武知勇記
労働大臣千葉三郎
建設大臣竹山祐太郎
国務大臣経済審議庁長官高碕達之助
行政管理庁長官西田隆男
自治庁長官西田隆男 (兼)
北海道開発庁長官三好英之
防衛庁長官大村清一
国家公安委員会委員長大麻唯男

参照