竹田宮恒久王

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

竹田宮恒久王(たけだのみや・つねひさおう、明治15(1882)年9月22日 - 大正8(1919)年4月23日)は、日本の皇族陸軍軍人陸軍少将陸軍士官学校第15期生陸軍大学校第22期生北白川宮能久親王長男。明治39(1906)年3月31日、竹田宮家創設。

履歴

在任

親族

尊属

卑属

  • 昌子内親王 明治21(1888)年 9月30日~昭和15(1940)年 3月 8日。明治41(1908)年 4月30日結婚。
    • 恒徳王(つねよし) 明治42(1909)年 3月 4日~平成 4(1992)年 5月11日
    • 礼子女王(あやこ) 大正 2(1913)年 7月 4日~。昭和 9(1934)年 3月26日、佐野常光と結婚。