空知郡

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

空知郡(そらち・ぐん)は、北海道石狩国)の郡。

所属町村

沿革

  • 明治2年8月15日、石狩国設置にともない新設。
  • 明治15(1882)年2月8日、札幌県に編入。
  • 明治19(1886)年1月26日、札幌県廃止。北海道庁編入。
  • 明治33(1900)年7月1日、北海道一級町村制施行、岩見沢村を設置。
  • 明治35(1902)年4月1日、北海道二級町村制施行、奈江村を設置。
  • 明治36(1903)年8月22日、奈江村が砂川村と改称。
  • 明治39(1906)年2月1日、岩見沢村が町制施行、岩見沢町と呼称。
  • 明治39(1906)年4月1日、北海道二級町村制施行、沼貝村滝川村芦別村歌志内村三笠山村栗沢村上富良野村を設置。
  • 明治42(1909)年4月1日
  • 明治43(1910)年11月4日、滝川村が町制施行、滝川町と呼称。
  • 大正4(1915)年4月1日、北海道二級町村制施行、下富良野村を設置。
  • 大正6(1917)年4月1日、上富良野村の一部が分立、中富良野村を新設。
  • 大正8(1919)年4月1日
  • 大正11(1922)年4月1日、歌志内村の一部が分立、赤平村を新設。
  • 大正12(1923)年6月15日、砂川村が町制施行、砂川町と呼称。
  • 大正14(1925)年6月1日、沼貝村が町制施行、沼貝町と呼称。
  • 大正15(1926)年6月1日、沼貝町が美唄町と改称。
  • 昭和15(1940)年4月1日
    • 山部村の一部が分立、東山村を新設。
    • 歌志内村が町制施行、歌志内町と呼称。
  • 昭和16(1941)年4月1日、芦別村が町制施行、芦別町と呼称。
  • 昭和17(1942)年9月1日、三笠山村が町制施行、三笠町と改称。
  • 昭和18(1943)年2月11日、赤平村が町制施行、赤平町と呼称。
  • 昭和18(1943)年4月1日、岩見沢町が市制施行、岩見沢市と呼称。
  • 昭和19(1944)年4月1日、砂川町の一部が分立、奈井江村を新設。
  • 昭和24(1949)年4月1日、栗沢村が町制施行、栗沢町と呼称。
  • 昭和25(1950)年4月1日、美唄町が市制施行、美唄市と呼称。
  • 昭和25(1950)年9月1日、奈井江村が町制施行、奈井江町と呼称。
  • 昭和26(1951)年8月1日、上富良野村が町制施行、上富良野町と呼称。
  • 昭和27(1952)年5月5日、江部乙村が町制施行、江部乙町と呼称。
  • 昭和28(1953)年4月1日、芦別町が市制施行、芦別市と呼称。
  • 昭和29(1954)年1月1日、歌志内町および砂川町のそれぞれ一部が分立、上砂川町を新設。
  • 昭和29(1954)年7月1日、赤平町が市制施行、赤平市と呼称。
  • 昭和31(1956)年9月30日、富良野町・東山村が合併、富良野町を新設。
  • 昭和32(1957)年4月1日、三笠町が市制施行、三笠市と呼称。
  • 昭和33(1958)年7月1日
    • 滝川町が市制施行、滝川市と呼称。
    • 砂川町が市制施行、砂川市と呼称。
    • 歌志内町が市制施行、歌志内市と呼称。
  • 昭和37(1962)年5月1日、幌向村が町制施行、南幌町と改称。
  • 昭和38(1963)年5月1日、音江村・雨竜郡深川町一已村納内村が合併、深川市を新設。
  • 昭和39(1964)年5月1日、中富良野村が町制施行、中富良野町と呼称。
  • 昭和40(1965)年1月1日、山部村が町制施行、山部町と呼称。
  • 昭和41(1966)年5月1日、富良野町・山部町が合併、富良野市を新設。
  • 昭和42(1967)年4月1日、南富良野村が町制施行、南富良野町と呼称。
  • 昭和43(1968)年4月1日、南幌町が町名の読みを「みなみほろちょう」から「なんぽろちょう」に改める。
  • 昭和46(1971)年4月1日、滝川市・江部乙町が合併、滝川市を新設。
  • 平成18(2006)年3月27日、北村・栗沢町が岩見沢市に編入される。