磐城級砲艦 (日本海軍, 1878)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

磐城級砲艦(ばんじょうきゅうほうかん Banjo class gunboat

概説

 明治初期、日本は軍艦の国産にすでに着手していたとはいえ、その設計はほとんどお雇い外国人によるものだった。その状況からの脱却を目指して建造されたのが磐城である。原形となったのは砲艦天城で、その設計を参考にして横須賀造船所が独自に設計したのが磐城である。木製の船体、三檣の帆走設備を持ち、レシプロエンジンを搭載し、クルップ砲を装備したその形態はまったく保守的なもので、新味といっても何もない。しかし日本がまったく日本だけの手ではじめて計画建造したとあっては前例墨守も止むを得なかったろう。磐城は竣工からしばらくの間は常備小艦隊に編入されて警備任務などについていたが、明治22年に役務を測量艦に指定され(類別としての測量艦ができるのはずっと後年)、以後日清戦争を経て日露戦争後に至る艦歴のほとんどすべてを測量のために過ごした。明治40年除籍され、しばらくは雑役船として用いられていたが明治45年に売却された。

主要要目

排水量: 常備 656t
長さ: 46.9m
全幅: 7.88m
喫水: 3.9m
機関: 1軸 横置式2気筒単膨張レシプロ 1基, 4 円缶(石炭専焼), 590ihp
燃料: 石炭 107t
速力: 10.5ノット
兵装: 15cm砲 1門, 12cm砲 1門, 12ポンド砲 2門, 四連装ノルデンフェルド機関銃 3挺
乗員: 112

一覧

計画 艦名 建造所 起工 進水 就役 艦歴 記事
明10 磐城 Banjo 横須賀造船所 1877.02 1878.07 1880.07.05 1898.03.21 二等砲艦
1907.07.12 除籍
1913 売却