海軍軍医総監 (日本)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

海軍軍医総監(かいぐんぐんいそうかん Surgeon General)は、日本の海軍の階級。勅任官一等もしくは二等(高等官一等もしくは二等)。

沿革

  • 明治9(1876)年3月31日、海軍軍医総監を置く。軍医科士官勅任二等(高等官二等)。
  • 明治19(1886)年7月12日、軍医科士官を将校相当官軍医部とする。
  • 明治29(1896)年3月31日、将校相当官軍医部から薬剤官を分割し、将校相当官軍医官とする。
  • 明治33(1900)年1月31日、勅任一等または二等(高等官一等または二等)とする。
  • 大正8(1919)年8月23日、階級呼称を改定。海軍軍医総監のうち勅任一等を海軍軍医中将、同じく勅任二等を海軍軍医少将と改称。

一覧

代数 発令日 氏名 期別 勅任一等 記事
1 1876.12.18 戸塚文海
2 1885.12.28 高木兼寛 1919.09.23海軍軍医少将
3 1892.08.06 実吉安純 1919.09.23海軍軍医中将
4 1893.05.26 加賀美光賢
5 1897.12.28 河村豊洲 1919.09.23海軍軍医中将
6 1900.01.04 豊住秀堅
7 1900.11.29 鈴木孝之助 東京大学(医) 1919.09.23海軍軍医中将
8 1901.07.04 吉田貞準
9 1901.09.15 三田村忠国
10 1902.05.27 戸塚環海 1919.09.23海軍軍医少将
11 1904.09.01 山本景行
12 1905.01.12 木村壮介 1919.09.23海軍軍医中将
13 1905.01.12 鈴木重道 1919.09.23海軍軍医中将
14 1905.11.02 鶴田鹿吉
15 1905.11.02 芳村晋
16 1906.07.06 石黒宇宙治 1919.09.23海軍軍医少将
17 1906.11.24 本多忠夫 東京大学(医) 1913.12.01 1919.09.23海軍軍医中将
18 1908.08.28 太田弥太郎 東京大学(医) 1919.09.23海軍軍医少将
19 1910.04.01 戸祭文造 1915.12.13 1919.09.23海軍軍医中将
20 1910.12.01 斎藤有記
21 1911.06.05 桑原荘吉 1919.09.23海軍軍医少将
22 1911.12.01 矢部辰三郎 1917.12.01 1919.09.23海軍軍医中将
23 1912.04.20 石原純固 1919.09.23海軍軍医少将
24 1912.12.01 佐竹達 1919.09.23海軍軍医少将
25 1912.12.01 武田正守 1919.09.23海軍軍医少将
26 1913.12.01 臼井宏 1919.09.23海軍軍医少将
27 1914.12.01 中尾太一郎 1919.09.23海軍軍医少将
28 1917.06.01 鈴木裕三 1919.09.23海軍軍医少将、1921.12.01海軍軍医中将
29 1917.12.01 大石繁吉 1919.09.23海軍軍医少将、1921.12.01海軍軍医中将
30 1917.12.01 西勇雄 1919.09.23海軍軍医少将、1922.06.01海軍軍医中将
31 1919.06.01 吉河為久蔵 1919.09.23海軍軍医少将、1923.12.01海軍軍医中将
32 1919.08.01 横地君人 1919.09.23海軍軍医少将

see also