海軍軍医中将 (日本)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

海軍軍医中将(かいぐんぐんいちゅうじょう Vice Admiral, Surgeon)は、日本の海軍の階級。勅任官一等(高等官一等)。

沿革

  • 大正8(1919)年9月23日、階級呼称を改定。海軍軍医総監を改称し、そのうち勅任一等のものを海軍軍医中将とする。将校相当官軍医官勅任一等(高等官一等)。
  • 大正9(1920)年4月1日、将校相当官軍医科勅任一等(高等官一等)とする。

一覧

代数 発令日 氏名 期別 記事
1 1919.09.23 実吉安純 転官、1892.08.06海軍軍医総監
2 1919.09.23 河村豊洲 転官、1897.12.28海軍軍医総監
3 1919.09.23 鈴木孝之助 東京大学(医) 転官、1900.11.29海軍軍医総監
4 1919.09.23 木村壮介 転官、1905.01.12海軍軍医総監
5 1919.09.23 鈴木重道 転官、1905.01.12海軍軍医総監
6 1919.09.23 本多忠夫 東京大学(医) 転官、1906.11.24海軍軍医総監、1913.12.01海軍軍医総監(一等)
7 1919.09.23 戸祭文造 転官、1910.04.01海軍軍医総監、1915.12.13海軍軍医総監(一等)
8 1919.09.23 矢部辰三郎 転官、1911.12.01海軍軍医総監、1917.12.01海軍軍医総監(一等)
9 1921.12.01 大石繁吉
10 1921.12.01 鈴木裕三
11 1922.06.01 西勇雄
12 1923.12.01 平野勇
13 1923.12.01 吉河為久蔵
14 1925.04.22 鈴木寛之助 死亡
15 1925.12.01 雨宮量七郎 東京帝大(医)
16 1927.12.01 大貫安三
17 1928.12.10 小川龍 東京帝大(医)
18 1932.12.01 国府田中 東京帝大(医)
19 1933.11.15 高杉新一郎 東京帝大(医)
20 1934.11.15 福島久之 京都帝大福岡医大
21 1935.11.15 伏島忠雄 千葉医学専門学校
22 1937.12.01 田中朝三 千葉医学専門学校
23 1937.12.01 向山美弘 京都帝大福岡医大
24 1938.11.15 長田勝芳 京都帝大(医)
25 1938.11.15 菅原佐平 東京帝大(医)
26 1939.11.15 田中肥後太郎 東京帝大(医)
27 1939.11.15 中野太郎 岡山医学専門学校
28 1941.10.15 保利信明 長崎医学専門学校
29 1942.11.01 高城喬 岡山医学専門学校
30 1942.11.01 田川資造 東京帝大(医)
31 1942.11.01 若生良穂 東京帝大(医)
32 1943.04.18 高田六郎 千葉医学専門学校 戦死
33 1943.11.01 神林美治 九州帝大(医)
34 1943.11.01 竹雅進平 長崎医学専門学校
35 1943.11.01 福井信立 京都帝大(医)
36 1944.05.01 石黒芳雄 新潟医学専門学校
37 1944.05.01 菅田直樹 岡山医学専門学校
38 1944.05.01 松本暢 九州帝大(医)
39 1945.05.01 大須賀都美次 千葉医学専門学校
40 1945.05.01 鏑木喜平 東京帝大(医)
41 1945.05.01 杉本豊松 新潟医学専門学校
42 1945.05.01 田辺優 長崎医学専門学校
43 1945.11.01 今田以武生 長崎医学専門学校

参照