海軍法務少将 (日本)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

海軍法務少将(かいぐんほうむしようしよう)は、日本の海軍の階級。勅任官二等(高等官二等)。

沿革

  • 昭和17(1942)年4月1日、将校相当官法務科を新設、海軍法務少将を置く。将校相当官法務科勅任二等(高等官二等)。

一覧

代数 発令日 氏名 期別 法務中将 記事
1 1942.04.01 荻原竹治郎 東京帝大(法) 海軍法務官より転官
2 1942.11.01 小田垣常夫 東京帝大(法)
3 1942.11.01 島田清 東京帝大(法) 1945.11.01
4 1943.11.01 樋口芳包 東京帝大(法)
5 1944.10.15 岡村賛二 東京帝大(法)
6 1944.10.15 高頼治 東京帝大(法)
7 1945.05.01 楠田直方 東京帝大(法)
8 1945.11.01 由布喜久雄 東京帝大(法)

参照