横須賀海兵団 (日本海軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

横須賀海兵団(よこすかかいへいだん Yokosuka Seaman Corps

幹部

横須賀海兵団長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1891.12.14 海軍大佐 瓜生外吉 赤城艦長 海軍参謀部出仕
1892.07.26
1893.10.12 海軍大佐 威仁親王 千代田艦長 戦時大本営
1894.09.28
1906.11.22 海軍大佐 野元綱明 海兵7 呉海兵団
 
1910.12.01 海軍大佐 久保田彦七 海兵11 肥前艦長 待命
1911.05.23
1911.12.01 海軍大佐 東郷静之介 海兵13 周防艦長 舞鎮参謀長
1912.12.01
1922.08.01 海軍大佐 兼坂隆 海兵27 横鎮 砲術学校
1923.12.01
1931.12.01 海軍少将 秋山虎六 海兵33 航空本部教育部長 横須賀防備隊司令
1933.09.18
1935.11.15 海軍大佐 後藤英次 海兵37 高雄艦長 陸奥艦長
1936.12.01 海軍大佐 副島大助 海兵38 海軍兵学校教頭 横鎮参謀長 1937.12.01 海軍少将
1938.02.01 海軍少将 井上保雄 海兵38 横須賀防備戦隊司令官 横須賀人事部
1938.11.15 海軍大佐 藤田類太郎 海兵38 横鎮 軍令部出仕
1939.11.15 海軍大佐 水野準一 海兵37 横鎮 横須賀第一海兵団 1941.11.20 改編
1 1944.01.04 海軍少将 江戸兵太郎 海兵40 横須賀第一海兵団 軍令部出仕
2 1944.08.10 海軍少将 工藤久八 海兵39 軍令部出仕 横須賀聯合特陸隊司令官 1945.05.01 海軍中将
1945.08.08

横須賀海兵団副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1901.08.30 海軍中佐 真野巌次郎 東京高等商船校 明石艦長 竹敷要港部第二水雷艇隊司令
1902.05.24
1902.10.06 海軍中佐 東郷吉太郎 海兵13 操江艦長 依仁親王附武官
1903.04.12
1905.06.14 海軍中佐 東郷吉太郎 海兵13 朝日副長 高雄艦長
1905.12.20
1911.12.01 海軍中佐 秋沢芳馬 海兵18 生駒艦長 最上艦長
1912.12.01
1932.02.25 海軍中佐 水野準一 海兵37 榛名副長 鳴戸特務艦長
1933.11.15


日本海軍の組織
官衙 海軍省 海軍艦政本部 海軍教育本部 海軍航空本部 水路部 海軍報道部
軍令部
海軍工廠 (横須賀 佐世保 舞鶴 )
海軍航空廠 海軍航空技術廠 海軍技術廠 (第一 第二)
海軍燃料廠 (第一 第二 第三 第四 第五 第六)
海軍技術研究所
海軍病院 (横須賀 佐世保 舞鶴)
阪神海軍部
特務機関 侍従武官府 東宮武官府
元帥府 軍事参議院
在外帝国大公使館附海軍武官 地方在勤海軍武官
学校 海軍大学校 海軍兵学校 海軍機関学校
海軍砲術学校 海軍水雷学校 海軍航海学校 海軍通信学校 海軍潜水学校 海軍対潜学校 海軍電測学校 海軍気象学校
海軍工機学校 海軍工作学校
海軍軍医学校 海軍経理学校
軍隊 艦隊 中艦隊 常備小艦隊 常備艦隊 西海艦隊
海軍総隊 聯合艦隊 海上護衛総隊
支那方面艦隊 南西方面艦隊 南東方面艦隊 北東方面艦隊 中部太平洋方面艦隊 第十方面艦隊
第一機動艦隊
第一艦隊 第二艦隊 第三艦隊 第四艦隊 第五艦隊 第六艦隊 第七艦隊 第八艦隊 第九艦隊
第一航空艦隊 第二航空艦隊 第三航空艦隊 第五航空艦隊 第十航空艦隊 第十一航空艦隊 第十二航空艦隊 第十三航空艦隊 第十四航空艦隊
南遣艦隊 第一南遣艦隊 第二南遣艦隊 第三南遣艦隊 第四南遣艦隊
第一遣支艦隊 第二遣支艦隊 第三遣支艦隊 第一護衛艦隊
練習艦隊 練習聯合航空総隊
戦隊 戦隊 水雷戦隊 潜水戦隊 航空戦隊 特攻戦隊 輸送戦隊
聯合航空隊 聯合通信隊 聯合特別陸戦隊 海上護衛隊
根拠地隊 特別根拠地隊
駐満海軍部
内戦部隊 鎮守府 (横須賀 佐世保 舞鶴) 旅順鎮守府
要港部・警備府 (竹敷 馬公 大湊 鎮海) 旅順警備府 海南警備府 商港警備府 (大阪)
警備戦隊 防備戦隊
海兵団 水雷団
基本部隊 艦船 特設艦船
航空隊
駆逐隊 潜水隊 水雷隊 海防隊 砲艦隊 艇隊 掃海隊 駆潜隊 敷設隊 防備隊 監視艇隊
特別陸戦隊 警備隊 通信隊 潜水艦基地隊