松江級運送艦 (日本海軍, 1904)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

概説

 松江はもともと英国で建造された貨物船で、のちロシアに売却され東清鉄道会社で使用していたが日露戦争の勃発当時仁川に在泊しており日本海軍の攻撃を受けたため港内で自沈、日本の手により引き揚げられて修理の上三等海防艦に編入され、松江と命名された。ロシア時代の船名スンガリは満洲北部の大河松花江(松江)のロシア名である。海防艦とはいっても実態は貨物船であり、大正7年には軍艦籍を外れて運送船に種別されたが、前後を通じて測量任務に従事し、特務艦に測量艦の類別ができるとただちに類別変更された。測量の過程で2度にわたり座礁事故を起こしているがいずれも首尾よく離礁できた。昭和4年に除籍され売却。

主要要目

排水量: 常備 2550t
長さ: 垂線間長 72.2m
全幅: 9.5m
喫水: 4.3m
機関: 1軸 直立式3気筒三段膨張レシプロ 1基, 2 円缶(石炭専焼), 1500ihp
速力: 11ノット
燃料: 石炭 91t
兵装: 5cm/40口径砲 2門
乗員: 114

一覧

計画 艦名 建造 起工 進水 就役 艦歴 記事
松江 Matsue 英 Scott ? 1898.06 1898.06 英商船 May 1898.06 露商船 Sungari
1904.02.08 自沈
捕獲
1906.03.08 三等海防艦 (松江)
1912.08.28 二等海防艦
1918.02.01 運送船
1920.04.01 運送艦
1922.04.01 測量艦
1929.04.01 除籍