松村淳蔵

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

松村淳蔵(まつむら・じゅんぞう、天保13年5月18日(1842年6月26日) - 大正8(1919)年1月7日)は、日本の華族海軍軍人海軍中将鹿児島県出身。

履歴

  • 元治元(1864)年3月、連合王国留学被仰付。
  • 慶応3(1867)年7月、アメリカ合衆国留学被仰付。
  • 明治2(1869)年12月、米海軍兵学校入学。
  • 明治6(1873)年5月、米海軍兵学校卒業。
  • 明治6(1873)年7月、帰朝。
  • 明治6(1873)年12月9日、任海軍中佐
  • 明治6(1873)年12月10日、補海軍兵学寮出勤。
  • 明治7(1874)年7月8日、補清輝艤装掛。
  • 明治8(1875)年5月24日、連合王国出張。
  • 明治8(1875)年9月29日、本省出勤被仰付。
  • 明治8(1875)年12月28日、帰朝。
  • 明治9(1876)年8月3日、任海軍大佐
  • 明治9(1876)年8月31日、補海軍兵学校長。
  • 明治10(1877)年2月20日、補筑波艦長。
  • 明治10(1877)年8月23日、補海軍兵学校長。
  • 明治10(1877)年12月1日、補筑波艦長。
  • 明治12(1879)年8月19日、補扶桑艦長。
  • 明治15(1882)年6月6日、任海軍少将
  • 明治15(1882)年10月12日、補海軍兵学校長。
  • 明治17(1884)年1月21日、補中艦隊司令官。
  • 明治18(1885)年12月28日、補海軍兵学校長。
  • 明治19(1886)年2月4日、兼補海軍将官会議議員。(海軍兵学校長兼海軍将官会議議員)
  • 明治20(1887)年5月24日、特旨により華族に列せられ男爵の爵位を賜る。
  • 明治20(1887)年9月28日、待命被仰付。
  • 明治24(1891)年7月23日、任海軍中将。予備役被仰付。
  • 明治38(1905)年11月10日、後備役被仰付。
  • 明治43(1910)年11月10日、退役被仰付。