松平重富

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

松平重富(まつだいら・しげとみ、寛延元年11月6日(1748年12月25日) - 文化6年6月18日(1809年7月30日))は、日本の武将。越前福井藩主。御三卿一橋家当主徳川宗尹三男。松平重昌継嗣。幼名は仙千代(せんちよ)。

履歴

  • 寛延元年11月6日、生まれる
  • 宝暦8年3月、松平重昌養子
  • 宝暦8年4月28日、元服。一字を賜り重富と名乗る。従四位下左近衛権少将越前守
  • 宝暦10年4月28日、従四位上
  • 天明7年12月18日、左近衛権中将
  • 寛政10年2月4日、正四位下
  • 寛政11年9月15日、隠居。左兵衛督
  • 文化6年6月18日、卒去。62歳。隆徳院仁誉和順道本

在任

親族

尊属

配偶

卑属

  • 治好(はるよし)