徳川家宣

提供: wiki31ja
松平綱豊から転送)
移動: 案内検索

徳川家宣(とくがわ・いえのぶ Tokugawa Ienobu 寛文2年4月25日(1662年6月11日) - 正徳2年10月14日(1712年11月12日) )は、日本の武将。江戸幕府の第6代征夷大将軍(在職 宝永6年5月1日(1709年6月8日) - 正徳2年10月14日(1712年11月12日))。甲斐府中藩松平綱重長男。第5代征夷大将軍徳川綱吉継嗣。幼名は虎松(とらまつ)、はじめ松平綱豊(まつだいら・つなとよ)と名乗る。

履歴

  • 寛文2年4月15日、生まれる。新見左近と称する
  • 寛文10年7月9日、松平虎松と号する
  • 延宝4年12月12日、元服、一字を賜り綱豊と名乗る。従三位左近衛権中将左近衛将監
  • 延宝6年10月25日、襲封、甲斐府中城主(25万石)
  • 延宝6年12月12日、10万石を加えらる(計35万石)
  • 延宝8年8月18日、参議
  • 延宝8年9月6日、正三位
  • 元禄3年12月15日、権中納言
  • 宝永元年12月5日、将軍徳川綱吉継嗣となり江戸城西丸に入る
  • 宝永2年3月5日、従二位権大納言。名を家宣と改める
  • 宝永6年5月1日、正二位内大臣右近衛大将右馬寮御監征夷大将軍両院別当源氏長者牛車随身兵杖
  • 正徳2年10月14日、薨去。51歳。文昭院殿順蓮社清誉廊然大居士
  • 正徳2年11月3日、贈正一位太政大臣

在任

親族

尊属

配偶

卑属

  • ♂夢月院 (1699)
  • ♂家千代 (1707)
  • ♂大五郎 (1708-1710)
  • 家継(いえつぐ)(1709-1716)
  • ♂虎吉 (1711)
  • ♀豊姫 (1681)

偏諱を与えた人物