松平子爵家 (会津)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

松平子爵家(まつだいらししゃくけ)は、日本の華族諸侯)。姓は源朝臣清和源氏)。陸奥会津藩主、親藩大名、城主、溜間詰。はじめ保科(ほしな)と称する。

歴代当主

叙爵以前

  • -1631 保科正光 (1561-1631) 下総多古、1600信濃高遠
  • 1631-1669 保科正之 (1611-1672) 1636出羽山形、1643陸奥会津
  • 1669-1681 保科正経 (1646-1681)
  • 1681-1731 松平正容 (1669-1731)
  • 1731-1750 容貞 (1719-1750)
  • 1750-1805 容頌(かたのぶ)(1744-1805)
    • 容詮(かたさだ)(1750-1785)
  • 1805-1805 容住(かたおき)(1778-1805)
  • 1806-1822 容衆(かたひろ)(1803-1822)
  • 1822-1852 容敬(かたたか)(1806-1852)
  • 1852-1868 容保(かたもり)(1835-1893)
  • 1868-1868 喜徳(のぶのり)(1855-1891)
  • 1869-1910 容大(かたはる)(1869-1910) 1869陸奥斗南、1871廃藩

有爵者

  1. 1884-1910 容大(かたはる)(1869-1910) 1884子爵
  2. 1910-1944 保男(もりお)(1878-1944)
  3. 1944-1947 保定 (1926-)

戦後

  • 保定 (1926-)
  • 保久 (1954-)