松平伯爵家 (松江)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

松平伯爵家(まつだいらはくしゃくけ)は、日本の華族諸侯)。姓は源朝臣清和源氏)。越前福井藩松平侯爵家)の支藩・出雲松江藩主、親藩大名、城主、大広間詰。

歴代当主

叙爵以前

  • 1619-1666 直政(なおまさ)(1601-1666) 1619上総姉崎、1624越前大野、1633信濃松本、1638出雲松江
  • 1666-1675 綱隆(つなたか)(1631-1675)
  • 1675-1704 綱通(つなみち)(1659-1709)
  • 1704-1705 吉透(よしとお)(1664-1705)
  • 1705-1731 宣維(のぶずみ)(1698-1731)
  • 1731-1767 宗衍(むねのぶ)(1729-1782)
  • 1767-1806 治郷(はるさと)(1751-1818)
  • 1806-1822 斉恒(なりつね)(1791-1822)
  • 1822-1853 斉斎(なりとき)(1815-1863)
  • 1853-1872 定安(さだやす)(1835-1882) 1871廃藩
  • 1872-1877 直応(なおたか)(1855-1911)
  • 1877-1882 定安(さだやす)(1835-1882)
  • 1882-1940 直亮 (1865-1940)

有爵者

  1. 1884-1940 直亮 (1865-1940) 1884伯爵
  2. 1940-1947 直国 (1902-)

戦後

  • 直国 (1902-)
  • 直寿 (1925-)
  • 直忠 (1966-)