松平伯爵家 (川越)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

松平伯爵家(まつだいらはくしゃくけ)は、日本の華族諸侯)。姓は源朝臣清和源氏)。越前福井藩松平侯爵家)の支藩・武蔵川越藩主、親藩大名、城主、大広間詰。

歴代当主

叙爵以前

  • 1624-1648 直基 (1604-1648) 1624越前勝山、1635越前大野、1644出羽山形
  • 1648-1695 直矩 (1641-1695) 1649越後村上、1667播磨姫路、1683豊後日田、1686出羽山形、1692陸奥白河
  • 1695-1729 基知 (1679-1729)
  • 1729-1748 明矩 (1713-1748) 1741播磨姫路、1745上野前橋
  • 1748-1768 朝矩 (1738-1768) 1767武蔵川越
  • 1768-1810 直恒(なおつね)(1761-1810)
  • 1810-1816 直温(なおのぶ)(1795-1816)
  • 1816-1849 斉典(なりつね)(1797-1849)
    • 斉省(なりさだ)(1823-1841)
  • 1849-1854 典則(つねのり)(1836-1883)
  • 1854-1861 直侯(なおよし)(1839-1861)
  • 1861-1869 直克(なおかつ)(1840-1897) 1867上野前橋
  • 1869-1883 直方(なおかた)(1856-1907) 1871廃藩
  • 1883-1907 基則 (1875-1930)

有爵者

  1. 1884-1907 基則 (1875-1930) 1884伯爵
  2. 1907-1932 直之 (1861-1932)
  3. 1932-1947 直富 (1885-1965)

戦後

  • 直富 (1885-1965)
  • 直正 (1919-)
  • 直泰 (1944-)
  • 直孝 (1972-)