札幌郡

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

札幌郡(さっぽろ・ぐん)は、北海道石狩国)の郡。

沿革

  • 明治2年8月15日、石狩国設置にともない新設。
  • 明治15(1882)年2月8日、札幌県に編入。
  • 明治19(1886)年1月26日、札幌県廃止。北海道庁編入。
  • 明治32(1899)年10月1日、北海道区制施行、札幌区を設置。
  • 明治35(1902)年4月1日、北海道二級町村制施行、札幌村白石村豊平村広島村手稲村を設置。
  • 明治39(1906)年4月1日、北海道二級町村制施行、藻岩村江別村篠路村琴似村を設置。
  • 明治41(1908)年6月12日、豊平村が町制施行、豊平町と呼称。
  • 大正5(1916)年1月1日、江別村が町制施行、江別町と呼称。
  • 昭和13(1938)年4月15日、藻岩村が町制施行、円山町と改称。
  • 昭和16(1941)年4月1日、円山町が札幌市に編入される。
  • 昭和17(1942)年2月11日、琴似村が町制施行、琴似町と呼称。
  • 昭和25(1950)年7月1日、白石村が札幌市に編入される。
  • 昭和26(1951)年11月1日、手稲村が町制施行、手稲町と呼称。
  • 昭和29(1954)年7月1日、江別町が市制施行、江別市と呼称。
  • 昭和30(1955)年3月1日、札幌村・篠路村・琴似町が札幌市に編入される。
  • 昭和36(1961)年5月1日、豊平町が札幌市に編入される。
  • 昭和42(1967)年3月1日、手稲町が札幌市に編入される。
  • 昭和43(1968)年9月1日、広島村が町制施行、広島町と呼称。
  • 平成8(1996)年9月1日、広島町が市制施行、北広島市と改称。所属町村がなくなり、札幌郡は消滅。