日本海軍年表 (1902)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

日本海軍年表(にほんかいぐんねんぴょう 明治35(1902)年)

在籍艦船

年末時

軍艦 類別 等級 艦名
戦艦 一等 富士 八島 敷島 朝日 初瀬 三笠
二等 扶桑 鎮遠
巡洋艦 一等 浅間 常磐 八雲 吾妻 磐手 出雲
二等 浪速 高千穂 厳島 松島 橋立 吉野 高砂 笠置 千歳
三等 和泉 千代田 秋津洲 須磨 明石
海防艦 一等
二等
三等 筑波 金剛 比叡 済遠 海門 天龍 葛城 大和 武蔵 高雄
砲艦 一等 筑紫 平遠
二等 操江 天城 磐城 鎮東 鎮西 鎮南 鎮北 鎮中 鎮辺 摩耶 鳥海 愛宕 赤城 大島
通報艦 八重山 龍田 宮古 千早
水雷母艦 豊橋
駆逐艦 東雲 叢雲 夕霧 不知火 陽炎 薄雲 白雲 朝潮
水雷艇 類別 艇名 番号
一等 小鷹 福龍 白鷹 真鶴 千鳥
二等 第21号 第24号 第25号 第29号 第30号 第31号 第32号 第33号 第34号 第35号 第36号 第37号 第38号 第39号 第40号 第41号 第42号 第43号 第44号 第45号 第46号 第47号 第48号 第49号 第60号 第61号 第62号 第63号 第64号 第65号 第66号
三等 第5号 第6号 第7号 第8号 第9号 第10号 第11号 第12号 第13号 第14号 第15号 第17号 第18号 第19号 第20号 第26号 第27号 第50号 第51号 第52号 第53号 第54号 第55号 第56号 第57号 第58号 第59号
四等 艦船搭載の分

艦船異動

入籍

除籍

人事

天皇 内閣総理大臣 海軍大臣 海軍総務長官 海軍艦政本部 海軍教育本部 海軍軍令部長 海軍軍令部次長 常備艦隊司令長官 横須賀鎮守府司令長官 呉鎮守府司令長官 佐世保鎮守府司令長官 舞鶴鎮守府司令長官
明治天皇 桂太郎 中将
山本権兵衛
少将
斎藤実
少将
有馬新一
少将
松永雄樹
大将
伊東祐亨
少将 伊集院五郎 中将
角田秀松
大将
井上良馨
中将
柴山矢八
中将
鮫島員規
中将
東郷平八郎
3月17日 少将
上村彦之丞
7月26日 中将
日高壮之丞
9月24日 中将
有馬新一
10月29日 少将 出羽重遠


日本海軍年表
1850 1851 1852 1853 1854 1855 1856 1857 1858 1859
1860 1861 1862 1863 1864 1865 1866 1867 1868 1869
1870 1871 1872 1873 1874 1875 1876 1877 1878 1879
1880 1881 1882 1883 1884 1885 1886 1887 1888 1889
1890 1891 1892 1893 1894 1895 1896 1897 1898 1899
1900 1901 1902 1903 1904 1905 1906 1907 1908 1909
1910 1911 1912 1913 1914 1915 1916 1917 1918 1919
1920 1921 1922 1923 1924 1925 1926 1927 1928 1929
1930 1931 1932 1933 1934 1935 1936 1937 1938 1939
1940 1941 1942 1943 1944 1945 1946 1947 1948 1949
1950 1951 1952 1953 1954 1955 1956 1957 1958 1959
1960 1961 1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969
1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979
1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989
1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 2029