徳川頼房

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

徳川頼房(とくがわ・よりふさ、慶長8年8月10日(1603年9月15日) - 寛文元年7月29日(1661年8月23日))は、日本の武将。初代常陸水戸藩主、はじめ常陸下妻藩主。江戸幕府初代征夷大将軍徳川家康十一男。幼名は鶴千代丸(つるちよまる)。諡号は威公。

履歴

  • 慶長8年8月10日、伏見に生まれる
  • 慶長11年9月23日、常陸下妻城を賜い5万石を領す
  • 慶長14年正月5日、従四位下左衛門督
  • 慶長14年12月22日、常陸水戸城に転じ25万石を領す
  • 慶長16年3月20日、正四位下左近衛権少将
  • 元和3年7月、左近衛権中将
  • 元和6年8月21日、参議
  • 元和8年10月、加えて3万石を賜う(計28万石)
  • 寛永3年8月19日、従三位権中納言
  • 寛永4年正月7日、正三位
  • 寛文元年7月29日、薨去。59歳。源威公

在任

親族

尊属

配偶

  • 正室なし

卑属

  • 松平頼重(まつだいら・よりしげ)
  • ♂亀丸
  • 光圀(みつくに)
  • 松平頼元(まつだいら・よりもと)
  • 松平頼隆(まつだいら・よりたか)
  • 松平頼利(まつだいら・よりとし)
  • 松平頼雄(まつだいら・よりお)
  • 松平頼泰(まつだいら・よりやす)
  • 松平頼以(まつだいら・よりもと)
  • 松平房時(まつだいら・ふさとき)
  • 鈴木重義(すずき・しげよし、鈴木重次養子)
  • ♀(松殿道昭正室)
  • ♀(太田資政妻)
  • ♀弃子
  • ♀大姫(前田光高正室)
  • ♀菊子(松平広兼妻)
  • ♀(鎌倉英勝寺往寺)
  • ♀市子(山野義堅妻、のち鈴木重政妻)
  • ♀振子(本多政利正室)
  • ♀竹子(真木景信妻)
  • ♀十子(酒井忠治妻)
  • ♀梅子(宇都宮隆綱妻)