徳川斉順

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

徳川斉順(とくがわ・なりゆき、享和元年9月9日(1801年10月16日) - 弘化3年5月8日(1846年6月1日))は、日本の武将。紀伊和歌山藩主、はじめ御三卿清水家当主。第11代征夷大将軍徳川家斉七男。幼名は菊千代(きくちよ)。

履歴

  • 享和元年9月9日、生まれる
  • 文化2年11月28日、清水第継嗣に定めらる。徳川敦之助養子
  • 文化7年11月15日、清水第に移る
  • 文化7年12月1日、3万俵を給せらる
  • 文化12年2月9日、従三位左近衛権中将式部卿
  • 文化13年6月3日、徳川治宝養子。辞式部卿
  • 文化13年11月28日、入館
  • 文政2年11月15日、参議
  • 文政7年6月6日、襲封
  • 文政7年12月1日、権中納言
  • 文政11年2月18日、従二位権大納言
  • 天保8年8月23日、正二位
  • 弘化3年閏5月8日、薨去。46歳。顕龍院恭譲円輝

在任

親族

尊属

配偶

卑属