徳川斉匡

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

徳川斉匡(とくがわ・なりまさ、安永8年4月19日(1779年6月3日) - 嘉永元年6月8日(1848年7月8日))は、日本の武将。御三卿田安家当主。一橋家当主徳川治済五男。徳川治察継嗣。幼名は慶之丞(けいのじょう)。

履歴

  • 安永8年4月19日、江戸一橋第に生まれる
  • 天明7年6月13日、御三卿田安家徳川治察養子
  • 天明7年7月5日、田安第に移る
  • 寛政2年10月15日、元服。従三位左近衛権中将右衛門督
  • 文化5年12月1日、参議
  • 文政2年11月15日、権中納言
  • 文政10年6月1日、従二位権大納言
  • 天保8年10月28日、従一位
  • 弘化4年8月20日、出家
  • 嘉永元年6月8日、薨去。70歳。惇宗院戒徳厳明

在任

親族

尊属

配偶

卑属