徳川家斉

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

徳川家斉(とくがわ・いえなり Tokugawa Ienari 安永2年10月5日(1773年11月18日) - 天保12年閏正月7日(1841年2月27日))は、日本の武将。江戸幕府第11代征夷大将軍(在職 天明7年4月3日(1787年5月14日) - 天保8年4月2日(1837年5月6日))。一橋家当主徳川治済長男。幼名は豊千代(とよちよ)。

履歴

  • 安永2年10月5日、生まれる
  • 天明元年閏5月18日、徳川家治養子
  • 天明元年閏5月25日、江戸城西丸に入る
  • 天明2年4月3市、元服。従二位権大納言
  • 天明6年9月8日、本丸に移る
  • 天明7年4月15日、正二位内大臣右近衛大将右馬寮御監征夷大将軍両院別当源氏長者牛車随身兵杖
  • 文化13年4月2日、右大臣
  • 文政5年3月5日、従一位左大臣左近衛大将左馬寮御監
  • 文政10年3月18日、太政大臣
  • 天保8年4月2日、職を譲り大御所と称す
  • 天保12年閏正月7日、薨去。69歳。文恭院殿
  • 天保12年2月17日、贈正一位

在任

親族

尊属

配偶

卑属

偏諱を与えた人物