徳川宗勝

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

徳川宗勝(とくがわ・むねかつ、宝永2年6月2日(1705年7月22日) - 宝暦11年6月22日(1761年7月23日))は、日本の武将。第8代尾張名古屋藩主。尾張藩支流川田久保家松平友著長男。幼名は代五郎(だいごろう)、さらに萬彌(よろずや)、はじめ友相(ともみ)、ついで友淳(ともあつ)、さらに義淳(よしあつ)と名乗る。但馬守、侍従、左近衛権少将、右兵衛督参議左近衛権中将、権中納言。

履歴

  • 宝永2年6月2日、生まれる
  • 従五位下但馬守
  • 享保17年5月、松平義孝養子
  • 享保17年6月、襲封
  • 享保17年12月16日、従四位下侍従
  • 享保18年12月18日、左近衛権少将
  • 元文4年正月13日、徳川宗春継嗣
  • 元文4年2月3日、一字を賜い宗勝と名乗る。従三位右兵衛督参議左近衛権中将
  • 元文5年12月1日、権中納言
  • 宝暦11年6月22日、薨去。57歳。賢隆院愍誉慈性源戴

在任

親族

尊属

配偶

卑属