徳川吉宗

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

徳川吉宗(とくがわ・よしむね Tokugawa Yoshimune 貞享元年10月21日(1684年11月27日) - 寛延4年6月20日(1751年7月12日))は、日本の武将。江戸幕府第8代征夷大将軍(在職 享保元年8月13日(1716年9月28日) - 延享2年9月25日(1745年10月20日))。もと越前葛野藩主、第5代紀伊和歌山藩主。紀伊和歌山藩徳川光貞四男。幼名は源六(げんろく)、はじめ頼久(よりひさ)、ついで頼方(よりかた)と名乗る。

履歴

  • 貞享元年10月21日、生まれる
  • 元禄9年12月18日、従四位下右近衛権少将主税頭
  • 元禄10年4月11日、越前葛野を賜い3万石を領す
  • 宝永2年10月6日、越前葛野を召し上げ、紀伊和歌山城を相続
  • 宝永2年12月1日、一字を賜い吉宗と名乗る。従三位左近衛権中将
  • 宝永3年11月26日、参議
  • 宝永4年12月18日、権中納言
  • 正徳6年4月30日、江戸城西丸に入り天下御後見
  • 正徳6年5月1日、本丸に移る
  • 享保元年8月13日、正二位内大臣右近衛大将右馬寮御監征夷大将軍両院別当源氏長者牛車随身兵杖
  • 寛保元年8月7日、右大臣
  • 延享2年3月25日、西丸に移り大御所と称す
  • 寛延4年6月20日、薨去。68歳。有徳院殿
  • 寛延4年閏6月10日、贈正一位太政大臣

在任

親族

尊属

配偶

卑属

偏諱を与えた人物