徳地秀士

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

徳地秀士(とくち・ひでし、昭和30(1955)年8月 - )は、日本の官僚静岡県出身。1979年東京大学法学部卒業。

履歴

  • 昭和54(1979)年4月、防衛庁入庁。
  • 昭和59(1984)年6月、防衛部員。タフツ大学大学院留学。
  • 平成3(1991)年11月、防衛庁防衛局防衛課総括班長/政策班長。
  • 平成6(1994)年8月、防衛庁長官官房企画官。
  • 平成9(1997)年7月、防衛庁運用局運用課長。
  • 平成11(1999)年7月、防衛庁防衛局計画課長。
  • 平成13(2001)年7月、内閣参事官。内閣官房副長官補付。
  • 平成16(2004)年8月、防衛庁防衛政策局防衛政策課長。
  • 平成17(2005)年8月、官房審議官/情報本部副本部長。
  • 平成18(2006)年8月21日、東京防衛施設局長。
  • 平成19(2007)年9月1日、防衛省北関東防衛局長。
  • 平成20(2008)年1月17日、防衛参事官防衛省運用企画局長。
  • 平成20(2008)年3月21日、訓戒(あたごと漁船の衝突事案による)。
  • 平成22(2010)年8月10日、防衛省人事教育局長。
  • 平成23(2011)年8月15日、防衛省経理装備局長。
  • 平成25(2013)年4月1日、防衛省防衛政策局長。
  • 平成26(2014)年7月25日、防衛省防衛審議官。
  • 平成27(2015)年10月1日、退職。