広徳丸

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

広徳丸(こうとくまる Kotoku maru 廣德丸)は、日本の特設艦船(特設運送船)。

艦歴

  • 昭和11(1936)年10月13日、起工。
  • 昭和12(1937)年1月30日、進水。
  • 昭和12(1937)年5月15日、竣工。6702総トン。
  • 昭和12(1937)年9月19日、徴傭、入籍。特設運送船(給兵船)。佐世保鎮守府所管。
  • 昭和17(1942)年7月30日、サラモア沖において航空攻撃をうけ大破、航行不能。
  • 昭和17(1942)年8月3日、サラモア付近の海岸に擱座、放棄。南緯07.05、東経147.03
  • 昭和18(1943)年6月10日、除籍、解傭。

幹部

広徳丸監督官

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1937.09.20 海軍大佐 佐藤正四郎 海兵37 横鎮 軍令部出仕
1937.11.15
1940.04.20 海軍大佐 柴田善治郎 海兵38 佐世保鎮守府 横須賀鎮守府
1940.11.15 海軍大佐 清水巌 海兵39 火薬本廠総務部長 上海在勤武官
1941.02.15