小倉鋲一郎

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

小倉鋲一郎(おぐら・びょういちろう Ogura Byoichiro 嘉永6年7月21日(1853年8月25日) - 昭和3(1928)年12月23日)は、日本の海軍軍人海軍中将東京都出身。海軍兵学校第5期生(43名中10位)。

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
嘉永6(1853)年7月21日
明治5(1872)年9月1日 海軍兵学寮入寮
明治9(1876)年9月5日 筑波乗組
明治11(1878)年7月22日 海軍兵学校卒業
明治11(1878)年8月16日 海軍少尉補
明治11(1878)年9月9日 扶桑乗組
明治14(1881)年1月26日 海軍少尉
明治16(1883)年1月20日 孟春乗組
明治16(1883)年11月5日 海軍中尉
明治17(1884)年11月7日 孟春分隊長
明治18(1885)年12月25日 比叡分隊長
明治19(1886)年6月17日 海軍大尉
明治19(1886)年12月6日 龍驤分隊長
明治20(1887)年10月27日 高千穂分隊長
明治22(1889)年5月15日 武蔵副長
明治23(1890)年1月16日 大和副長
明治23(1890)年3月1日 大和副長心得
明治24(1891)年1月19日 海門副長
明治24(1891)年7月23日 海軍省第一局第一課次長
明治24(1891)年12月14日 海軍少佐
明治26(1893)年5月20日 海軍大臣官房人事課課僚/海軍省軍務局第一課課僚
明治26(1893)年12月20日 高雄副長
明治27(1894)年11月2日 松島副長
明治28(1895)年8月27日 鳥海艦長
明治30(1897)年2月4日 龍田艦長
明治30(1897)年6月1日 海軍大佐 高雄艦長
明治31(1898)年9月1日 橋立艦長
明治32(1899)年5月1日 吾妻回航委員長(フランス共和国出張)
明治33(1900)年3月14日 吾妻艦長
明治33(1900)年10月29日 帰朝
明治35(1902)年5月24日 朝日艦長
明治36(1903)年11月21日 待命被仰付
明治36(1903)年12月28日 横須賀鎮守府参謀長
明治37(1904)年6月6日 海軍少将
明治38(1905)年1月12日 特務隊司令官
明治38(1905)年1月21日 特務艦隊司令官
明治38(1905)年6月14日 第一艦隊司令官
明治38(1905)年12月20日 海軍省人事局長/海軍将官会議議員
明治41(1908)年8月28日 海軍中将 海軍将官会議議員
明治41(1908)年12月10日 待命被仰付
明治42(1909)年12月10日 予備役被仰付
大正3(1914)年3月1日 後備役被仰付
大正7(1918)年7月21日 退役被仰付
昭和3(1928)年12月23日 死去 (75)