寺田祐次

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

寺田祐次(てらだ・すけつぐ、明治21(1888)年7月14日 - 昭和37(1962)年8月6日)は、日本の海軍軍人海軍少将長野県出身。海軍兵学校第37期生

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治21(1888)年7月14日
明治42(1909)年11月19日 海軍少尉候補生 阿蘇乗組
明治43(1910)年7月16日 薩摩乗組
明治44(1911)年2月27日 海軍少尉 厳島乗組
明治45(1912)年4月24日 海軍砲術学校普通科学生
大正元(1912)年8月9日 海軍水雷学校普通科学生
大正元(1912)年12月1日 海軍中尉
大正元(1912)年12月20日 第九艇隊
大正2(1913)年12月1日 龍田乗組
大正3(1914)年4月1日 春日乗組
大正4(1915)年12月13日 筑波乗組
大正5(1916)年6月1日 霧島乗組
大正5(1916)年12月1日 海軍大尉 霧島分隊長
大正6(1917)年9月15日 浅間分隊長
大正7(1918)年7月15日 山城分隊長
大正7(1918)年12月18日 朝日副砲長/分隊長
大正9(1920)年5月24日 朝日副砲長/分隊長/海軍砲術学校教官
大正9(1920)年8月12日 三笠副砲長/分隊長
大正9(1920)年12月1日 香取副砲長/分隊長
大正10(1921)年11月20日 霧島副砲長/分隊長
大正11(1922)年12月1日 海軍少佐 海軍砲術学校教官/分隊長
大正14(1925)年12月1日 山城砲術長
大正15(1926)年12月1日 海軍中佐
昭和2(1927)年6月1日 陸奥砲術長
昭和2(1927)年12月1日 海軍砲術学校副官
昭和3(1928)年11月15日 春日副長/教官
昭和4(1929)年11月30日 鬼怒副長
昭和5(1930)年5月2日 古鷹副長
昭和5(1930)年11月1日 山城副長
昭和6(1931)年12月1日 横須賀海軍工廠造船部検査官/総務部部員
昭和7(1932)年11月15日 海軍技術研究所庶務課長
昭和7(1932)年12月1日 海軍大佐
昭和12(1937)年12月1日 海軍艦政本部出仕
昭和12(1937)年12月15日 待命
昭和12(1937)年12月21日 予備役
昭和13(1938)年10月4日 充員召集
昭和13(1938)年10月8日 佐世保鎮守府
昭和13(1938)年10月11日 旭光丸監督官
昭和14(1939)年11月4日 軍令部出仕/海軍省出仕
昭和14(1939)年11月15日 海軍少将
昭和15(1940)年1月6日 軍令部出仕/支那方面艦隊司令部附
昭和16(1941)年1月15日 支那方面艦隊司令部附
昭和18(1943)年6月1日 軍令部出仕
昭和18(1943)年6月25日 充員召集解除
昭和18(1943)年11月15日 海軍艦政本部事務嘱託
昭和37(1962)年8月6日 死去 (74)